医師監修

円錐角膜とは

円錐角膜とは、眼球の角膜に起こる病気です。角膜の変形や円錐状に突出した部分の角膜に傷がつくことで、片眼で見ても1つのものがぼやけて複数に見えるという片眼複視という症状が特徴的です。

円錐角膜の症状

円錐角膜の症状としては、初期は通常の近視や乱視とあまり変わらず、眼鏡などで矯正をすることができます。しかし次第に進行してくると、大きくものが歪んで見えるようになったり、遠近を問わずものがぼやけて見えるようになります。また、眩しさを過剰に感じるようになります。
  
ひどくなると、眼鏡やコンタクトでは矯正が難しくなる場合があります。また、角膜の裏側の幕が破れて房水が入り込むと、さらに視力が低下します(急性水腫)。これは数か月でおさまることが多いです。重度になりコンタクトレンズの使用が難しくなると、角膜移植をすることもあります。

円錐角膜の原因

円錐角膜が起きる原因はまだわかっていません。しかし、家族内や一卵性双子の間で発症することがあり、遺伝的な要因はあると考えられています。
  
また、円錐角膜になる人はアトピー性皮膚炎やアレルギー結膜炎を持っている人も多いことから、眼をこするといった行動が発症や進行に悪影響を与えているとも考えられています。
  
原因はまだはっきりとはわからないものの、治療法に関しては進んでいます。これまで症状が進んできてコンタクトレンズが使用できなくなった場合は角膜移植を行っていましたが、それに代わる方法として角膜内リング挿入法などいくつかの方法もとられるようになっています。

円錐角膜の治療法

円錐角膜は原因がわかっていないため、予防法は確立されていません。しかし、悪化を防ぐために注意する点があります。円錐角膜は初期症状が軽度の近視とあまり変わらないため、近視を改善しようと思いレーシック(角膜屈折矯正手術)を受けてしまうことがあります。
  
しかし、この病気は角膜が薄くなるものなので、レーシックを受けるとさらに進行してしまう恐れがあります。この病気が少しでも疑われるときは、一度レーシックをする前にきちんと検査を行うことが大切です。
  • このコーナーは、病気や症状に関する知識を得るためのものであり、特定の治療法、専門家の見解を推奨したり、商品や成分の効果・効能を保証するものではありません
  • 専門家の皆様へ。病気や症状の説明について間違いや誤解を招く表現がございましたら、こちらよりご連絡ください