医師監修

原田病とは

原田病は、眼球にあるぶどう膜(虹彩、毛様体、脈絡膜)に炎症が起きる疾患です。眼に限らず、脳や皮膚や内耳などにも症状があらわれることがあります。ぶどう膜・髄膜炎症候群と呼ばれることもあります。

原田病の症状

原田病の症状は、最初風邪のような症状から始まります。全身に倦怠感があり、耳鳴りやめまいなどが起き、頭の皮膚がぴりぴりとすることがあります。次第に眼にも症状が出てくるようになり、両目の充血やゆがみ、目の奥に痛みが感じられるようになり、網膜剥離などの症状が出ることがあります。また、眼だけではなく、感音性難聴など耳に症状が出る場合があります。
  
このような症状を繰り返すことで、皮膚が部分的に白くなったり、眼底が赤くなったり夕焼け眼底になることもあります。さらに炎症が繰り返されると、脱毛や白毛が発生します。緑内障にも注意が必要です。

原田病の原因

原田病の根本的な原因はわかっていませんが、メラニン細胞の病変が原因のひとつと考えられています。自分の持つ色素細胞に対して免疫反応が出てしまい、目や皮膚や内耳など体のさまざまな部分が侵されます。
  
原田病は早期発見が大切です。はじめは症状が軽くても、再発を繰り返すうちに視力が下がり、悪化していくことがあります。発症の初期段階でステロイドパルス療法などの治療を行いながら、経過を観察していき、できるだけ再発や蔓延を回避するようにしていきます。
  
現時点では確実に再発を防ぐ方法は確立されていませんが、早期に治療をした方が慢性化しにくくなると考えられています。

原田病の治療法

原田病は原因が分かっておらず、予防方法もまだ確立されていません。しかし、発症後にできるだけ再発を防ぐために注意しておきたい点はあります。ストレスや重度の疲れが再発の引き金になることがあるので、不規則な生活は避け、十分な睡眠をとるようにします。
  
また、処方された薬を自己判断でやめることは危険です。ステロイド剤の急な中止は、症状が再発してしまうばかりでなく、ショック症状を起こす可能性があります。
  • このコーナーは、病気や症状に関する知識を得るためのものであり、特定の治療法、専門家の見解を推奨したり、商品や成分の効果・効能を保証するものではありません
  • 専門家の皆様へ。病気や症状の説明について間違いや誤解を招く表現がございましたら、こちらよりご連絡ください