視力低下はなぜ起こる?仕組みと対策を知りたい!

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
執筆者画像

監修:Doctors Me 医師

みなさんは「最近視力が低下したな…」と感じることはないでしょうか?一時的な場合もありますが、少しずつ悪くなっている場合もあり、放って置くとさまざまな弊害が起きてしまいます。
そこで今回は視力低下のメカニズムと予防策について、医師に解説していただきました。

視力低下のメカニズムは?

視力が低下するメカニズムには非常に多くのものがあります。その中で一例をあげると、以下のようなものがあります。

・様々な原因による目の屈折異常
・白内障などによる角膜の濁り
・外傷が原因で起きる網膜剥離による目のカスミや複視など
・視神経や網膜の血管のつまり

やってしまいがちな生活習慣が視力低下の原因に!

視力が低下する原因には、前述のように屈折異常や白内障、網膜剥離などたくさんの要素があり、さらにそれぞれに遺伝の影響もあると考えられています。

この中で、屈折異常、視力低下の例として非常に多い近視遠視乱視などを起こす原因の一つとして、生活習慣の影響があります。
目に負担をかけ視力低下を引き起こす可能性のある生活習慣としては、下記のようなものがあげられます。

・至近距離でテレビを見続ける
・パソコンやスマホなどの電子画面を長時間見続ける
・テレビゲームなどを長時間行う
・寝そべって左右それぞれの目から対象物の距離が異なる状態でものを長時間見る

病気が関係している場合もある!

すでに左右の目に視力の差が生じている状態で、知らず知らずのうちに視力が良い方の目だけを酷使している状態が続くということ、いずれも視力低下の原因となります。

また、内科的な疾患が視力の低下を引き起こす例もあり、代表的なものとしては糖尿病による糖尿病性白内障糖尿病網膜症などがあります。

視力の低下を予防する方法は?

遺伝的なものはご自身の努力ではどうにもならない部分がありますが、視力低下の予防策としてご自身でできることとしては、以下のようなことがあげられます。

・電子画面を長時間見ない
・寝そべったり頬杖をつくなどの左右非対称になりやすい姿勢で見ない
・目の酷使に気を付け、適度な休みを取りながら目を使う作業を行う

もちろん、例えばⅡ型糖尿病の予防には暴飲暴食や過体重、運動不足を防ぐといった、内科疾患にできるだけかからないような生活習慣というのも非常に大切なことといえるでしょう。

医師からのアドバイス

視力が低下してしまうと、わずらわしいメガネやコンタクトレンズを装着したり、あるいは高額な費用をかけてレーシックなどの治療を受けたり、何かと不便なものですよね。

できればいくつになっても、裸眼でクリアに見える、健康な視力を維持したいものです。そのために、自分の生活の中で改善できるところは改善していくよう心がけるとよいでしょう。

(監修:Doctors Me 医師)
  • この記事は、医療・健康に関する知識を得るためのものであり、特定の治療法、専門家の見解を推奨したり、商品や成分の効果・効能を保証するものではありません
  • 専門家の皆様へ。記事の内容について間違いや誤解を招く表現がございましたら、こちらよりご連絡ください
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

関連するコンテンツ

糖尿病網膜症について