黄斑円孔おうはんえんこう

カテゴリ
眼の病気
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

医師監修

黄斑円孔とは

黄斑円孔とは、目の光を受ける眼底の中心部位で像を結ぶ中心といえる黄斑部に、穴が開く病気です。視野の変形や視力の低下といった症状から始まり、視野の中心が見えなくなる症状が起こります。黄斑部が硝子体に引っ張られることが原因と考えており、早期に硝子体切除術を行うことで、閉鎖し視力が回復する可能性があります。

黄斑円孔の症状

黄斑円孔によりもたらされる症状としては、視野が歪んで見えるという特徴があります。特に見え方の変形具合には特徴があり、通常にはない視野の歪みがあります。症状が現れる当初は、視野にあまり変化はないものの、症状が進行するに連れて次第に視力が下がってきます。場合によっては、視力が0.1から0.2まで低下することもあります。しかし、適切な処置を行う事により、視力は回復させることが可能です。
進行を止め視力を回復する可能性が高いです。早期に対処するほど、視力の低下率は低く、治癒する可能性は高くなります。一方で、対処が遅れた場合には、視力の回復力が見込めないこともあり、早期の処置を行う事の必要性が強く求められます。

黄斑円孔の原因

黄斑円孔が生じる原因としては、老化による影響であることが多いです。目の硝子体部分の老化が進むことにより、黄斑円孔になる可能性が高いです。硝子体の外側に位置し、網膜と接する部分の硝子体皮質の変性が、問題を引き起こします。硝子体皮質は、老化によって張力が強くなる傾向があります。そのため、網膜と硝子体皮質に強い張力がかかるようになり、網膜中心部に強い負荷がかかります。結果として、眼底の中心部である黄斑部の網膜に亀裂が入ります。
網膜は、光を捉えるためのセンサーの役割を持つ部位である事から、黄斑円孔による網膜部分の変形に伴って、視野の変化や視力の大きな低下がもたらされることになります。また、目に強い衝撃を受けることも原因の一つとして挙げられます。

黄斑円孔の治療法

黄斑円孔に対する予防方法は、多くの原因が老化によるものであることから、避ける事ができません。かつては、黄斑円孔は治療が難しい病気として認識されていました。しかし現在では、治療を行う事により症状を改善させることが可能になっています。早期であるほど視力の回復率が高いため、はやめの処置を行う事が適切です。一方で、症状が進んでいる場合には、治療の効果も限定的です。
老化のほか、目に対する強い衝撃についても、黄斑円孔を引き起こす原因としてあります、目を強く打撲することがないように気をつけることが、予防策として有効です。
  • このコーナーは、病気や症状に関する知識を得るためのものであり、特定の治療法、専門家の見解を推奨したり、商品や成分の効果・効能を保証するものではありません
  • 専門家の皆様へ。病気や症状の説明について間違いや誤解を招く表現がございましたら、こちらよりご連絡ください