春季カタルしゅんきかたる

カテゴリ
眼の病気
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

医師監修

春季カタルとは

春季カタルとは、アレルギー性結膜炎の一種で、結膜に増殖性病変が認められます。小児や青少年に多く見られますが、大人になると共に症状は改善されていきます。春から夏にかけて悪化し、冬に向かうに連れて症状が軽くなっていくため、春季カタルという名前が付いています。カタルとは、粘膜腫脹と濃い浸出液を伴う病気のことです。

春季カタルの症状

春季カタルは、結膜炎と同じように、強い痒みや目やに、結膜が充血して目が赤くなる、まぶたの腫れなどの症状がでます。また、光を通常よりも眩しく感じたり、目が痛くなったり、ゴロゴロと目の中に異物感を感じることもあります。
  
症状により、眼瞼型、眼球型、混合型にわけられ、眼瞼型はまぶたの裏側がでこぼこに腫れ、眼球型は角膜の周りの結膜が盛り上がります。混合型は、この2つの症状が両方現れます。
  
また、結膜が肥厚することにより、角膜に摩擦が起こり、角膜上皮障害の症状がでることがあります。角膜上皮障害の症状は、角膜が濁ったようになったり、視力の低下などが起こります。角膜とは、いわゆる黒目のことです。

春季カタルの原因

春季カタルは、アレルギー性結膜炎と同じで、アレルゲンに対する防御反応により起こります。通常なら防御する必要のない物にまで反応してしまい、アレルギー反応が起こります。近年の傾向としては、ダニがアレルゲンとなっていることが多いと言われていますが、他にも、ハウスダスト、様々な植物の花粉、動物の毛やフケ、コンタクトレンズなどが考えられます。  
  
春から夏にかけて発病しやすいことから、春季カタルという名前が付けられていますが、現在では、季節はあまり関係が無くなってきていると言われています。春は花粉が飛びやすいので現在も患者は多くなりがちですが、環境の変化や、アレルギー体質の子供が増えたため、秋や冬でも発症するケースが多くなってきています。

春季カタルの治療法

春季カタルの治療は、抗アレルギー点眼薬が使われます。効果不十分な場合は、免疫抑制点眼薬をつかったり、抗アレルギー点眼薬と免疫抑制点眼薬の2剤で症状の改善がみられない場合には、さらにステロイド点眼薬を追加投与し、ステロイドの内服薬や瞼結膜下注射、外科的治療が施行されることもあります。
掻いたりなど、刺激を与えることで症状が悪化するので、触らないようにすることが大切になります。
  
症状がひどく、眩しさが気になる時には眼帯をしたり、遮光メガネをかけるなどの対策も有効です。春夏に飛散する花粉が原因の春季カタルの場合には、その時期を過ぎると自然に治ります。
  • このコーナーは、病気や症状に関する知識を得るためのものであり、特定の治療法、専門家の見解を推奨したり、商品や成分の効果・効能を保証するものではありません
  • 専門家の皆様へ。病気や症状の説明について間違いや誤解を招く表現がございましたら、こちらよりご連絡ください

春季カタルの相談