上強膜炎きょうまくえん/じょうきょうまくえん

カテゴリ
眼の病気
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

医師監修

上強膜炎とは

上強膜炎は、白目の本体である強膜のうち表面に炎症を起こした状態のことを言います。充血と異物感が特長です。繰り返しかかることがあります。

上強膜炎の症状

上強膜炎の症状として、目の強い充血が挙げられます。それ以外の症状は、強膜炎と比べると比較的軽度となっています。

目の白い部分のことを強膜と言い、強膜の表面が上強膜と呼ばれています。上強膜炎は、その上強膜に炎症を起こした症状です。結膜充血や表在性の上強膜血管の充血以外の軽度の症状として、目の圧痛や視力の低下が挙げられます。
  
また、強膜が炎症により溶ける壊死性強膜炎を併発すると、白目に黒いところが見える場合があります。

症状が軽いため、治療をせずとも数週間で症状が軽減することもあります。症状を改善するためには、ステロイド剤の点眼薬が治療に用いられます。症状によっては、抗生剤や抗菌剤、抗炎症剤を使う場合もあります。

上強膜炎の原因

上強膜炎の原因は、はっきりと解明されておらず 再発を繰り返す目の疾患として知られています。原因として考えられているのは、自己免疫疾患や、全身に起こる炎症性疾患の影響などです。
  
原因となる炎症性疾患には、関節リュウマチ、梅毒や結核、痛風、サルコイドーシスなどが可能性として考えられています。しかし、その関連性は証明されるに至っていません。数多くある眼の疾患の中で、原因が解明されていない疾患です。
  
上強膜炎を発症する年齢は、青年期が多く、男性より女性の割合が高いことがわかっています。重篤な症状になることは稀で、軽度で快癒する疾患ですが、早期の原因解明が求められています。

上強膜炎の治療法

上強膜炎は、原因が解明されていないため、予防することは困難です。上強膜に炎症を起こすことで発症しますが、ステロイドの点眼薬や抗菌剤の投与で1~2週間で治癒します。しかし、再発を繰り返す特徴をもっています。症状も軽度で、重篤化することはほとんどありません。
  
上強膜炎の再発を予防するためには、処方された点眼薬を決められた期間使用することです。痛みが軽度でかゆみが無いため、治療を安易に考えがちですが、しっかりと治療することが大切です。
  • このコーナーは、病気や症状に関する知識を得るためのものであり、特定の治療法、専門家の見解を推奨したり、商品や成分の効果・効能を保証するものではありません
  • 専門家の皆様へ。病気や症状の説明について間違いや誤解を招く表現がございましたら、こちらよりご連絡ください

上強膜炎に関するコラム