医師監修

水疱性角膜症とは

水疱性角膜症とは、角膜内の水分量を調節する機能をもつ角膜内皮細胞が、機能不全を起こし、角膜が浮腫み、濁ってしまった状態です。角膜内の水分排出が困難になることで、角膜が浮腫み、透明度が低下します。さらに、角膜上皮が剥がれやすい状態になります。

水疱性角膜症の症状

水疱性角膜症を発症すると、角膜がむくみます。角膜は、黒眼の部分で、ドーム状の透明な膜になっています。眼球に光を通す入り口と、入った光を屈折させる2つの役割を果たす器官です。その78%は水分でできており、角膜内細胞によって0.5mmの厚さに保たれています。
 
その角膜がむくむと、厚みが1mmほどにもなり、光が通りにくくなります。また、角膜の表面である角膜上皮に水が溜まり、水疱が形成されます。すると、角膜はすりガラスのように曇るため、視力の低下を招き、表面にできた水疱によって痛みが生じます。角膜上皮が剥がれやすい状態になり、もし剥がれてしまうと、強い痛みを感じます。

水疱性角膜症の原因

水疱性角膜症の原因には、フックス角膜内皮ジストロフィや外傷、内眼手術後など角膜内皮疾患が多いです。また、白内障の手術を受けた後や、レーザー虹彩切開術の後に発症するケースも増えてきています。
  
角膜の内皮細胞が増加することはありません。そのため、遺伝的に内皮細胞が弱い場合や、外傷や手術、感染症によって内皮細胞が傷つくと、発症します。長期間にわたりコンタクトレンズを装用していると、内皮細胞が少しずつ徐々に減少していくことで、水疱性角膜症になることもあります。
  
加齢にともない、角膜内皮細胞が減少するのも原因の1つです。20歳前後から細胞数の減少が始まります。

水疱性角膜症の治療法

水疱性角膜症の治療は、角膜上皮が剥がれてしまい、痛みが発生している場合、ソフトコンタクトレンズを装用したり、軟膏や高張食塩水を使用したりして行います。浸透圧が作用し、角膜内の水分を排出する効果が期待できます。
  
視力の低下が著しく、前述の方法で痛みに対する改善がみられない場合には、角膜移植を行います。角膜の障害部分だけを移植する角膜パーツ移植が多く行われています。手術時間が短く、危篤な合併症の心配も少ない方法です。術後に乱視や屈折変化を起こしにくい特徴があります。
  • このコーナーは、病気や症状に関する知識を得るためのものであり、特定の治療法、専門家の見解を推奨したり、商品や成分の効果・効能を保証するものではありません
  • 専門家の皆様へ。病気や症状の説明について間違いや誤解を招く表現がございましたら、こちらよりご連絡ください