眼瞼腫瘍がんけんしゅよう

カテゴリ
眼の病気
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

医師監修

眼瞼腫瘍とは

眼瞼腫瘍は目の瞼にできる腫瘍で良性と悪性の腫瘍があります。良性腫瘍の方が発生頻度が高いですが、硬さもちまちとなっており、皮膚にできると表面がただれる場合もあり、又、瞼の裏側にできることもあります。異物感で気づく場合が多く、ものもらいや目の病気と判別する必要がある病気です。

眼瞼腫瘍の症状

眼瞼腫瘍の症状について、目に異物感、涙が出る、まつげの脱落、腫瘍部分の出血、できものは間違われやすい場合が多く、皮膚にできると見えるので分かりやすいのですが、目立つ色として、赤くて軟らかい、黄色をしている、ほくろのように黒色や茶色系等、色も様々となっており、ほくろと間違われる場合もあり、判別がしにくい色の場合があります。

悪性腫瘍では皮膚表面に見られる傾向が多く、少し盛り上がっており、中がただれて、じくじくした感じとなります。皮膚の表面に硬い異物ができるのが主な特徴ですし、硬さもまちまちですので、眼科で検査を受ける必要があります。

多くの場合は良性ですが、中には悪性の場合もあり、瞼の異常で気づく場合が多く、違和感が強い為、色々な病気と間違えやすいのが特徴です。又、検査でより詳しい診断が分かるため、いずれの病気の場合でも早く受診するのが良いです。

眼瞼腫瘍の原因

眼瞼腫瘍はもともと体を構成する無数の細胞の中から通常1個は制御を失くして、次第に増殖していくものです。真性腫瘍とも呼ばれるものは1個の細胞が増殖した為、一般的には腫瘍組織から増殖していきます。真性腫瘍には良性と悪性があり、悪性腫瘍の場合は肉腫(癌)といわれるもので、増殖傾向が非常に強いのが特徴であり、全身に転移して生命を侵します。

瞼の皮膚にできるものと瞼の裏側にできるものがあり、粘膜にできるものもあり、原因とも言われているのが1個の細胞の増殖した部分が良性か悪性かによって治療方法も異なってきます。
  
加齢により出現する良性腫瘍もあります。表皮を構成する基底細胞が増殖する場合、原因とも言われています。又、瞼の周辺に出現するできものの中には良性の頻度が高い部位や腫瘍の種類によっては比較的予後が良いものがあります。幼児期にできるものや思春期にできるものがあります。

眼瞼腫瘍の治療法

眼瞼腫瘍の予防は良性の場合でも手術を必要とする場合もあります。硬いしこりが短時間で大きくなってくる場合はあきらかに悪性の場合が多く、手術しても再発する可能性高い頻度となってきます。又、手術後の経過で悪性となる場合は比較的少ないのですが、眼科で定期検査を受診するようにした方が良いです。

特に悪性の場合は再発という生命を侵す細胞が増殖しやすい状態となっているのが特徴です。手術方法により再発を予防する手術方法や治療方法が眼科で行われるため、気を付ける点等、医師の指導の下で過ごす事で予後が良い状態となります。
  • このコーナーは、病気や症状に関する知識を得るためのものであり、特定の治療法、専門家の見解を推奨したり、商品や成分の効果・効能を保証するものではありません
  • 専門家の皆様へ。病気や症状の説明について間違いや誤解を招く表現がございましたら、こちらよりご連絡ください