医師監修

虚血性視神経症とは

虚血性視神経症は、視神経へ繋がる血管に何らかの障害が起こることで引き起こされ、その発症は突発的です。発症は中年期以降に多く、症状の進行は急激な場合もあれば、ゆっくりと進行する場合もあり、人によって様々です。まれに若年者が発症することもあります。視力の低下や、部分的な視野の欠損が見られ、多くは片眼だけに発症します。

虚血性視神経症の症状

虚血性視神経症の症状として、突発的な視力の低下や、視野の一部欠損などが見られます。ほとんどの場合、痛みを感じないのが特徴です。視力低下の度合いは様々で、酷い場合は失明に至ることもある一方で、軽い場合は全く視力に影響が無いこともあります。視野の欠損も同様で、徐々に欠損部が広がり、最終的に視力が失われることもあります。
  
非動脈炎性の場合、自然に回復することがありますが、動脈炎性の場合には、放置することでもう片方の眼にも発症する可能性が高くなります。
側頭動脈炎を原因とした虚血性視神経症の場合、瞳孔求心路障害、頭痛や筋肉痛、全身の倦怠感が見られることがあるほか、症状として食べ物を噛む時の顎の痛みや、顎跛行が現れることもあります。

虚血性視神経症の原因

虚血性視神経症は、視神経に繋がっている血管内で、血液循環障害が発生することで引き起こされます。
発症の原因には、非動脈炎性のものと動脈炎性の2タイプが存在します。
  
非動脈炎性虚血性視神経症は、中年期の50才以上に多く発症し、糖尿病、高血圧、脂質異常症を契機にアテローム動脈硬化を来すことが要因となります。短後毛様体動脈のアテローム硬化は、動脈の狭細化を招き、視神経症を発症する可能性を高めることになります。
  
動脈炎性の場合、動脈の炎症が虚血性視神経症を引き起こす原因となり、炎症性動脈炎、特に側頭動脈炎を原因とするものが多く見られます。側頭動脈炎は慢性的な頸動脈の炎症であり、視神経症以外にも様々な症状が出現します。

虚血性視神経症の治療法

虚血性視神経症の予防は、非動脈炎性の場合は要因となる疾病、例えば糖尿病や高血圧、脂質異常症などの治療を行います。これらの疾病の治療は、食事療法と、定期的な運動の組み合わせが効果的です。

動脈炎性の場合は、虚血性視神経症を引き起こす最たる原因である、側頭動脈炎の治療が効果を発揮します。側頭動脈炎の治療は、一般的にはプレドニゾンの経口投与を行い、症状に応じて徐々に減らします。

これらの疾患に罹患した場合、定期的な検査が必要です。視力検査、視野検査、赤血球沈降速度検査、C反応蛋白検査などを必要に応じて行います。
  • このコーナーは、病気や症状に関する知識を得るためのものであり、特定の治療法、専門家の見解を推奨したり、商品や成分の効果・効能を保証するものではありません
  • 専門家の皆様へ。病気や症状の説明について間違いや誤解を招く表現がございましたら、こちらよりご連絡ください