医師監修

点状表層角膜症とは

点状表層角膜症とは角膜の表面の細胞が傷がついてしまい点状に損傷している状態のことをいいます。角膜の上の細胞が部分的に脱落した状態になります。ドライアイや角膜のけが、逆まつ毛で見られることがあります。

点状表層角膜症の症状

点状表層角膜症の症状は、軽いものは症状があまりないですが、多くの場合、目が痛くなります。
涙目になったり日光にたいして過敏になったりします。物がぼやけてみえることもあり、充血することもあります。目が乾いたり、目がかゆくなったり・目やにが出たりすることも多くあります。
症状が悪いと灼熱感がある目の痛みが襲うこともあります。傷が多数あれば痛みが強くなったり視力の低下などもみられることがあります。目がゴロゴロするといったような異物感を感じることがあるので、目をこすったりすると悪化することもあります。
そのまま放置していると再発したりするので、早目に眼科医の受診をすることが必要になります。

点状表層角膜症の原因

点状表層角膜症の原因は、もっとも多いのがドライアイやコンタクトレンズが多いです。コンタクトレンズを長時間装着した場合や、レンズをしたまま目をこすったりすることが要因になります。
レンズをつけたまま寝てしまったり、レンズのケアの仕方が不十分だったりすると点状表層角膜症を引き起こす可能性があります。レンズのカーブがあっていなかったり、汚れていたり傷や変形しているレンズなどを使用すると角膜に傷をつけることがあり、点状表層角膜症になるリスクが高くなります。
その他にはウイルス性が原因の場合や、化学薬品などが目に入った場合・点眼薬のアレルギー反応・眼瞼炎・内服薬の副作用などが原因で引き起こる場合があります。

点状表層角膜症の治療法

点状表層角膜症の予防は、コンタクトレンズを正しくケアする必要があります。レンズを扱うときは、手を清潔にして扱う必要があります。長い爪などもレンズに傷をつける原因になるので、爪は短く切ってレンズを扱うようにしたら良いです。コンタクトレンズをしている人は定期的に眼科医の検診を受けるようにすると点状表層角膜症の予防することができます。
汚い手で目をこすったり触ったりしないように心掛けると点状表層角膜症の予防につながります。ドライアイを改善させることも有効で、目薬などをするようにして角膜を保護すると良いです。
  • このコーナーは、病気や症状に関する知識を得るためのものであり、特定の治療法、専門家の見解を推奨したり、商品や成分の効果・効能を保証するものではありません
  • 専門家の皆様へ。病気や症状の説明について間違いや誤解を招く表現がございましたら、こちらよりご連絡ください