虹彩毛様体炎こうさいもうようたいえん

カテゴリ
眼の病気
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

医師監修

虹彩毛様体炎とは

虹彩毛様体炎(こうさいもようたいえん)とは、眼球の病気です。ぶどう膜という眼球全体を覆う、毛細血管が多くあつまる組織が炎症をおこすぶどう膜炎の一つで、眼球の前面部にある、虹彩そのものと、虹彩に隣接する毛様体が炎症をおこす症状をいいます。

虹彩毛様体炎の症状

虹彩毛様体炎は、突然症状がおこります。多くは、片眼もしくは両眼の白眼部の充血です。結膜炎でも充血とは違い、目やにがでることは、ほとんどありません。そのほかの自覚症状には、ほこりっぽいようなゴロゴロとした異物感、眼の痛み、光が必要以上に眩しく感じる、眼がかすむ、視力の低下、飛蚊症のような黒い点がみえるなどがあります。
   
虹彩毛様体炎だけで失明することはまれですが、治療をせずにいると、緑内障や白内障といった重篤な合併症をおこし、視力障害がおこることもあるため、早期発見と、眼科医による適切な治療が大切です。

虹彩毛様体炎の原因

虹彩毛様体炎は、ぶどう膜炎の炎症部位による一つの症状名です。ぶどう膜炎の発症にはさまざまな原因があります。
  
外因性である、細菌やウイルス、カビなどによる感染が原因として考えられるほか、内因性の全身疾患として、サルコイドーシスや、ベーチェット病、原田病の初期症状、リウマチ、炎症性腸疾患などがあげられます。
  
また、原因不明で一時的に症状があらわれる場合もあります。そのため、比較的短期間の点眼治療で完治することもあれば、長期に亘っての内服などの治療をおこなう場合もあります。さらに、体の免疫力が低下するなどによって再発の可能性もあり、注意が必要です。

虹彩毛様体炎の治療法

虹彩毛様体炎は、ぶどう膜炎の中でも比較的軽い症状ですが、明確な予防方法は解明されていません。そのため、原因となる全身疾患の予防と治療、外因性である細菌、ウイルス、カビなどによる感染を防ぐことが大切です。
  
これらが、虹彩毛様体炎の予防にもつながります。また、感染予防には、目元に触れる際には手を洗い、眼に触れる、用具や用品は清潔なものを使用することが大切です。また、バランスの良い食事と睡眠を十分にとり、ストレスをためないなど、自己免疫力を高めることも効果があります。

治療として、ステロイドや消炎鎮痛剤の点眼や内服を行うでしょう。
  • このコーナーは、病気や症状に関する知識を得るためのものであり、特定の治療法、専門家の見解を推奨したり、商品や成分の効果・効能を保証するものではありません
  • 専門家の皆様へ。病気や症状の説明について間違いや誤解を招く表現がございましたら、こちらよりご連絡ください

虹彩毛様体炎に関するコラム