圧迫性視神経症あっぱくせいししんけいしょう

カテゴリ
眼の病気
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

医師監修

圧迫性視神経症とは

圧迫性視神経症は、視神経が頭蓋骨内や眼窩内に存在する何らかの原因によって圧迫された結果生じる病気です。視神経が何らかの原因によって圧迫されると、視力低下や視野が狭くなる、色が分からなくなるなどの症状が生じます。視神経への圧迫が長期に渡ると視機能が回復しない場合があります。

圧迫性視神経症の症状

圧迫性視神経症の症状は、主に視覚障害です。基本的に、視神経が圧迫されている際には痛みがありません。無痛で進行していくため、数ヶ月間の期間をかけてゆっくりと視力が奪われ視野障害が生じていくことになります。

この場合、視神経を圧迫している部分は片目であることが多いため、一般的に片目に視覚障害として現れれやすいです。眼球の奥の方に腫瘍がある場合、病気が進行すると、眼球突出などのひどい症状があらわれることがあり注意が必要です。

また、視力が単純に低下するだけではなく、視野が狭くなっていくことに特徴があります。この視野に関する障害にはいくつか種類があり、中心点から見えなくなるものから、耳側または鼻側など視野の半分が見えなくなるものがあるため、視野検査が必要になります。

圧迫性視神経症の原因

圧迫性視神経症の原因は、頭蓋骨内に存在する腫瘍やその他の原因によります。頭蓋骨内に腫瘍ができるとその影響で視神経を圧迫するため、それが視覚障害となってあらわれることになります。腫瘍の摘出を行うと視神経の圧迫が無くなり、ある程度の視力を回復できることがあるため、早期に原因精査の検査をしなくてはいけません。

また、圧迫性視神経症の原因として、。特殊なケースでは、鼻腔に生じる嚢胞で視神経が圧迫されることがあります。この場合は、鼻性視神経症として副鼻腔などの検査をする必要があります。

\\\\\\\\\\\\\\\\\\\\\\\\\\\\\\\\


「動脈硬化のように血液?のものがあるケースもあります。この場合は硬化による外部からの圧迫によって、結果的に視神経が圧迫されることになるため視覚障害に陥ることになります」この部分はおかしいように思います。前後の文はどうなっていたのでしょうか。どこを参照にされたかがわかれば書き直せますが。

圧迫性視神経症の治療法

圧迫性視神経症の予防は、目に異常があった時点で病院の検査を受けることです。圧迫性視神経症は、痛みがなく片眼で進行する特殊な病気のため、もう片方が見えていると症状の進行をなかなか自覚することができません。視神経が圧迫され視覚の異常が見られた段階で早期に検査を受けることが大切になります。

また、進行段階では片目の視力の低下や視野障害が問題となるため、視神経を圧迫している原因疾患を、眼科ではなく脳外科や耳鼻科的にも調べる必要があります。そして原因疾患の治療を行い早期に視神経の圧迫をとってやることが視機能回復にも大切です。
  • このコンテンツは、病気や症状に関する知識を得るためのものであり、特定の治療法、専門家の見解を推奨したり、商品や成分の効果・効能を保証するものではありません
  • ユーザーの皆様へ:病気や症状について相談したい方は、こちらからご登録をお願いします
  • 専門家の皆様へ:病気や症状の説明について間違いや誤解を招く表現がございましたら、こちらよりご連絡ください