中毒性視神経症ちゅうどくせいししんけいしょう

カテゴリ
眼の病気
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

医師監修

中毒性視神経症とは

中毒性視神経症とは、薬物が原因となって、視神経に障害をもたらす病気です。疾患の治療のための薬剤や、あるいは農薬などの薬剤を服用した場合に、視神経に問題を生じ、視野の中心部分から物が見えにくくなるなどの病状を示すようになります。また、メチルアルコールも原因物質としてあります。

中毒性視神経症の症状

中毒性視神経症によりもたらされる症状は、両目に対して、視野の中心部分が見えにくくなるといった問題が生じます。また、中毒性視神経症は、原因となる薬剤が多種多様であるため、生じる病状にも違いがあります。抗結核薬であるエタンブトールが中毒症状を引き起こしている場合には、色覚に対して異常が生じたり、視野の外側周辺が見えにくくなるといった視神経の障害が起きます。
こうした病状は、人によっては初期症状に変化があまり見られないこともあり、見逃されることがあります。そのため、視野に何らかの病状が生じた場合には、服用している治療薬の今後の利用や、あるいは誤飲した薬剤の解毒方法について、相談などで詳しく確認することが必要です。

中毒性視神経症の原因

中毒性視神経症が起きる原因は、視神経に悪影響を及ぼす恐れがある薬剤の服用によるものです。その中には、病気の治療に用いる薬剤も多くあります。抗結核薬のエタンブトールや、抗生剤のクロラムフェニコール、さらに、抗不整脈薬のアミオダロンなどが、中毒性視神経症を起こす可能性があります。
また、有機溶剤や農薬なども、視神経障害の原因をもたらす化学薬品としてあります。こうした薬剤の他にも、メチルアルコールを誤飲した場合に、視神経の障害がもたらされる可能性があります。疾患の治療に用いる薬剤が視神経障害の問題を引き起こしている場合には、治療を担当している医師と相談して、今後の治療方針について決定することが求められます。

中毒性視神経症の治療法

中毒性視神経症に対する予防の対策方法としては、視神経障害の問題となっている薬剤の服用を中止することがあります。早期に服用を中止すれば、視力が回復する可能性は高いです。しかし、視神経が萎縮するなどの病状が進行している場合には、視力回復が難しい場合もあります。
病状を改善するための対処療法としては、ビタメジンなどのビタミン製剤を用いることが有効です。疾患の改善のための治療薬が視神経に影響を及ぼしている場合には、患者にとってメリットがある判断を考えた上で、今後の治療薬の処方の計画を立てる必要があります。
  • このコンテンツは、病気や症状に関する知識を得るためのものであり、特定の治療法、専門家の見解を推奨したり、商品や成分の効果・効能を保証するものではありません
  • ユーザーの皆様へ:病気や症状について相談したい方は、こちらからご登録をお願いします
  • 専門家の皆様へ:病気や症状の説明について間違いや誤解を招く表現がございましたら、こちらよりご連絡ください