子宮後転症/子宮後傾後屈症しきゅうこうてんしょう/しきゅうこうけいこうくつしょう

カテゴリ
女性の病気と妊娠・出産
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

医師監修

子宮後転症/子宮後傾後屈症とは

子宮は本来、前方(腹部側)に傾き、前方に曲がっています。子宮が後方(背中側)に傾き、後方に曲がっている状態を、子宮後転症/子宮後傾後屈症といいます。
これは単に子宮の形を意味する言葉であって、一般的には病気とは見なされていません。無症状のこともありますが、生理痛や腰痛の原因となることもあります。
女性の約1割は、子宮後転症/子宮後傾後屈症であるといわれています。

子宮後転症/子宮後傾後屈症の症状

子宮後転症による症状はありません。ただ、これによって骨盤の圧迫などが起こり、結果的に腰痛や生理痛、下腹部痛、排便時や性行時の痛みが現れることがあります。
子宮後転症は可動性と癒着性があります。可動性の場合はこれらの症状が現れることはほとんどありませんので、検査などを受けない限り、大抵の人は気づかないままでいます。
ただし、癒着性であってもこれらの症状は子宮後転症そのものによって起こるわけではなく、大抵はそもそもの原因である子宮の病気や骨盤の炎症などによって起こっています。よって、子宮が後方に向いている、後方に傾いていること自体は病気とは見なされず、現在は治療なども行われておりません。

子宮後転症/子宮後傾後屈症の原因

子宮後転症は、ほとんどが先天的なものです。ただし中には、子宮内膜症や骨盤の炎症が原因となっているものがあります。子宮の後ろには直腸や骨盤があり、子宮内膜症や骨盤の炎症によって子宮が後ろに引っ張られてそれらに癒着してしまい、子宮後転症となってしまうのです。もちろん、子宮内膜症や骨盤の炎症を起こしたからと言って、必ずしも子宮が後方に癒着するわけではありません。
婦人科などでは検診の時、子宮の向きによって器具をどちらから入れるべきかが変わる為、医師が子宮の向きを把握しておく為に患者自身にそれを告げることがあります。しかし子宮後転症という言葉は子宮の形を現しているだけであって、病気ではありません。不安に思うことは何もありません。

子宮後転症/子宮後傾後屈症の治療法

子宮後転症の多くは先天的なものです。後天的である場合、子宮の病気や骨盤の炎症が原因であるため、定期的に婦人科検診を受けることが予防の第一歩となります。

そもそもの原因である子宮内膜症や骨盤の炎症を予防することが子宮後転症を予防することにもなりますが、残念ながら子宮内膜症は現在、明確な原因が分かっていません。

骨盤の炎症の原因は、子宮の炎症やクラミジアなどの性行為による感染症です。どちらにしても検診を受けることで判明することですので、怖がらずに婦人科へ足を運んでみましょう。なお、子宮後転症自体は内診や超音波検査で簡単に診断できます。
  • このコンテンツは、病気や症状に関する知識を得るためのものであり、特定の治療法、専門家の見解を推奨したり、商品や成分の効果・効能を保証するものではありません
  • ユーザーの皆様へ:病気や症状について相談したい方は、こちらからご登録をお願いします
  • 専門家の皆様へ:病気や症状の説明について間違いや誤解を招く表現がございましたら、こちらよりご連絡ください