老人性外陰炎/萎縮性外陰炎ろうじんせいがいいんえん/いしゅくせいがいいんえん

カテゴリ
女性の病気と妊娠・出産
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

医師監修

老人性外陰炎/萎縮性外陰炎とは

老人性/萎縮性外陰炎とは閉経後に発症する女性特有の病です。月経は年齢が高齢になると誰しも必ず閉経し、閉経後はホルモンの影響により様々な変化が身体に現れるようになります。この老人性/萎縮性外陰炎や更年期症状等の症状も卵巣機能が低下する事により引き起こされる病なのです。

老人性外陰炎/萎縮性外陰炎の症状

老人性外陰炎の症状は、陰部が乾燥する事により乾燥感、痒みを伴います。粘膜が薄くなっているのでびらんや潰瘍を起こしやすくなります。そして膣内に潤いが無くなる為に性行為の際に痛みを感じ出血を伴う事もあります。
そして外陰部や膣内に存在する常在菌が少なくなる為に、細菌や真菌に感染しやすい状態にもなります。細菌や真菌に感染してしまうと、陰部に痒みや発疹が現れたり、帯下に異常が現れます。通常の帯下は白っぽい色をしていますが、細菌感染が起きると黄色や黄緑色に変化し、強い悪臭を放ちます。
そして性行為の際に出血があれば、膣内に炎症が引き起こされていたり、潤いが足りない為に膣内を傷つけてしまった可能性も考えられますが、子宮癌の可能性もある為に病院での癌検診が必要となります。

老人性外陰炎/萎縮性外陰炎の原因

老人性外陰炎が引き起こされる原因は女性ホルモンが深く関係しています。閉経する事により卵巣の機能が低下してしまう為に膣の潤いが減少してしまうのです。
膣の潤いが減少してしまうと外陰部も乾燥した状態になってしまいます。すると外陰部に存在する常在菌も少なくなってしまうので様々な感染症が引き起こされやすくなります。
日頃この常在菌は膣内や外陰部を細菌から守り感染症を防いでいますが、閉経後この常在菌が減ってしまうと細菌や真菌への感染症のリスクが上がってしまうのです。
そして性行為の際に痛みを感じ出血を伴う場合には、老人性/萎縮性外陰炎により膣内に炎症を引き起こしている場合もあり、時には子宮頸癌等の恐ろしい病が潜んでいる可能性もあります。

老人性外陰炎/萎縮性外陰炎の治療法

老人性外陰炎を予防する為には、性器を清潔に保つ事です。下着は毎日清潔な物に履き替えて、入浴の際には陰部に溜まった汚れを優しく洗います。
そして排便や排尿後はしっかりと拭き取るようにして細菌を繁殖しにくい環境を作る事が大切です。夏は特に陰部が蒸れやすい状態になるので通気性が良く、汗を吸収しやすい下着を選ぶようにします。
そして性行為の際にも感染症を防ぐ為にコンドームを使用します。潤いが減少して痛みを伴う場合にはゼリーやローションを使用すると言う方法もあります。
そして女性ホルモンを投与する事で、膣内に潤いを取り戻す事も可能になります。
  • このコンテンツは、病気や症状に関する知識を得るためのものであり、特定の治療法、専門家の見解を推奨したり、商品や成分の効果・効能を保証するものではありません
  • ユーザーの皆様へ:病気や症状について相談したい方は、こちらからご登録をお願いします
  • 専門家の皆様へ:病気や症状の説明について間違いや誤解を招く表現がございましたら、こちらよりご連絡ください