小児外陰炎しょうにがいいんえん

カテゴリ
女性の病気と妊娠・出産
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

医師監修

小児外陰炎とは

小児外陰炎は、小児の膣や外陰に見られる炎症のことです。大人は身体の成長が成熟しているため、外部からの攻撃に関しては免疫機能によってそのほとんどを排除することが出来る機能を有しています。小児はこうした機能が未完成のため、外敵による膣や外陰の炎症に弱い面があります。

小児外陰炎の症状

小児外陰炎は、未成熟期の女性に起こる外陰に対する炎症のことを言います。炎症が起こると、外陰部の痛みやかゆみ、違和感などが起こります。

また、外陰に炎症がある場合、排尿時に痛みが生じることもあります。自覚症状がない場合であっても、下着やおむつなどのすれや刺激によって外陰が刺激され、それが炎症となり、外陰部に腫れや発赤が見られることもあります。大人の場合と比べて、性感染による外陰炎が発症するケースが非常に少ないことも特徴です。

小児外陰炎の原因

小児外陰炎は、未成熟期の女性の自浄作用の未発達に原因があります。大人の成熟した女性は、膣内が常在菌により酸性に満たされているため、外部から外敵が入ってきてもその外敵を除去することが出来る機能を有しています。

小児はこの自浄作用が未発達のため、外部から外敵が入ってきたときに自浄作用を発揮できないため、これが原因となって小児外陰炎を発症することになります。小児は、侵入菌に対する抵抗力がないため、外陰部の汚れがそのまま炎症となる危険性を持っています。

排尿時や排便時だけではなく、汚れた床に座ったときなどにも菌が付着している場合があるため、そこから菌が侵入して炎症を起こします。外陰部が不潔になることが主な原因となるため、それを除去する必要があります。

小児外陰炎の治療法

小児外陰炎の予防は、膣や外陰を清潔にすることです。基本的に、外部からの侵入経路を断つことによって、小児外陰炎の大部分を防ぐことが出来ます。

また、生理現象として起こる排尿や排便の際に、膣や外陰に汚れが付着しないように注意する必要があります。最も簡単な予防策は、お風呂に入って綺麗に該当部分を洗うことです。一般細菌ならばほとんどをそれで撲滅することが出来ます。

実際に外陰炎を発症したときには、分泌物などを培養することでどの菌による炎症かをわかるようにするため、症状が出たときには検査を受ける必要があります。
  • このコンテンツは、病気や症状に関する知識を得るためのものであり、特定の治療法、専門家の見解を推奨したり、商品や成分の効果・効能を保証するものではありません
  • ユーザーの皆様へ:病気や症状について相談したい方は、こちらからご登録をお願いします
  • 専門家の皆様へ:病気や症状の説明について間違いや誤解を招く表現がございましたら、こちらよりご連絡ください