胞状奇胎ほうじょうきたい

カテゴリ
女性の病気と妊娠・出産
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

医師監修

胞状奇胎とは

胞状奇胎とは、受精卵から胎盤をつくるはずの絨毛組織が異常に発育増殖して、絨毛が嚢胞状に変化する、異常妊娠のひとつです。染色体異常が原因となります。

胞状奇胎の症状

症状としては、不正出血にはじまり、重いつわりと切迫流産の症状が見られます。通常、切迫流産の症状が見られるときは、ホルモンの関係で、つわり症状は弱まります。しかし、胞状奇胎の場合、hCG(ヒト絨毛性ゴナドトロピン)という妊娠ホルモンの値が正常妊娠よりも高くなります。そのため、強いつわりと同時に、不正出血・腹痛などの切迫流産の症状や、高血圧・蛋白尿などの妊娠中毒症の症状が現れます。
  
その他にも、妊娠週数に比べて子宮が大きくやわらかい、超音波検査で多くの粒状陰影が見られる、尿中のhCG値が異常に高いなどの医学的所見が認められます。

胞状奇胎の原因

胞状奇胎は、受精卵の絨毛細胞だけが異常増殖することによって起こります。
原因は明確ではないですが、以下のことが考えられています。
・染色体異常
・受精の際、卵子一つに精子が二つ侵入
・受精時に卵子の核が消失し、精子の核のみが異常増殖

高齢妊娠でもリスクが高くなります。
なお、胎芽(胎児)が発育せず絨毛部分だけが異常増殖したものを「全胞状奇胎」、絨毛部分が増殖しながら胎芽部分の発育も認められる場合は「部分胞状奇胎」といいます。また、奇胎化した絨毛組織が子宮の筋肉層に入りこむものを「侵入胞状奇胎」といいます。全胞状奇胎では胎児は存在しませんが、部分胞状奇胎では胎児が異常なく育つことがあります。侵入胞状奇胎を除き、奇胎自体は悪い疾患ではありません。

胞状奇胎の治療法

胞状奇胎は、妊娠性疾患のため、妊娠発覚後、定期的に診察を受け、早期発見に努めます。
  
なお、絨毛は増殖能力が高い組織であり、子宮以外のさまざまな所へ転移する可能性があります。そのため、胎状奇胎治療後も他の臓器に転移がないかどうか、ホルモン値や基礎体温が正常値であるか、経過観察が必要です。また、経過が順調であっても、術後、次の妊娠までは、再発防止のために半年から1年の避妊が必要になります。
  • このコンテンツは、病気や症状に関する知識を得るためのものであり、特定の治療法、専門家の見解を推奨したり、商品や成分の効果・効能を保証するものではありません
  • ユーザーの皆様へ:病気や症状について相談したい方は、こちらからご登録をお願いします
  • 専門家の皆様へ:病気や症状の説明について間違いや誤解を招く表現がございましたら、こちらよりご連絡ください