子宮破裂しきゅうはれつ

カテゴリ
女性の病気と妊娠・出産
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

医師監修

子宮破裂とは

子宮破裂とは主として出産の際、突発的に起こる、子宮壁に裂傷を生じる救急疾患の一つです。腹腔や膣へ大量出血し、胎児・母体ともに危険な状態になる危険性があり、速やかに処置を行うことが必要となります。

子宮破裂の症状

子宮破裂は、陣痛の最中などに著しい腹痛を感じることが最初の症状となることが多く見られます。その後、子宮の壁が破れてしまうことによって、激しい出血を引き起こすとともに、母体がショック状態に陥ります。これは、子宮の傷・大量の出血が要因となるものです。
  
子宮裂傷を起こしたことが確認された段階で、早急に救急処置が必要となる疾患で、胎児死亡してしまうことがあるとともに、母体の死亡もおこしやすい疾患です。

子宮破裂の原因

子宮破裂は、子宮に何らかの傷(瘢痕部)があり、その部位が破裂する場合を瘢痕性子宮破裂といい、傷がなく破裂する場合を非瘢痕性子宮破裂といいます。

瘢痕性子宮破裂は、過去に帝王切開術、子宮筋腫の手術、人工妊娠中絶術などを受けた経緯がある場合には、子宮内に瘢痕をつくるケースがあるため、これに由来します。

非瘢痕性子宮破裂は、非常に珍しいものです。
たくさん出産した多産婦に多いとも言われています。
子宮壁を構成する筋肉が、強力な陣痛に耐えられなくなってしまったり、胎児が胎内で成長しすぎてしまったりすることが起因すると考えられています。
  

子宮破裂の治療法

子宮破裂は、妊娠中、分娩前の管理が適切に行われることで、ある程度の予防が可能であるとされています。裂傷の危険性が認められる場合には、分娩は原則として帝王切開で行われます。
  
また、万が一、子宮破裂を起こしてしまったと推測される場合には、ショック状態を引き起こした母体に対して、輸血や輸液などが早急に行われ、失われた体液を補います。その後、速やかに母体の外科的手術が行われ、疾患を起こした場所の止血が行われます。
  
また、子宮の摘出などが行われる場合もあります。
  • このコンテンツは、病気や症状に関する知識を得るためのものであり、特定の治療法、専門家の見解を推奨したり、商品や成分の効果・効能を保証するものではありません
  • ユーザーの皆様へ:病気や症状について相談したい方は、こちらからご登録をお願いします
  • 専門家の皆様へ:病気や症状の説明について間違いや誤解を招く表現がございましたら、こちらよりご連絡ください