乳腺葉状腫瘍にゅうせんようじょうしゅよう

カテゴリ
女性の病気と妊娠・出産
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

医師監修

乳腺葉状腫瘍とは

乳腺葉状腫瘍は乳腺にできるよく動くしこりですが、比較的短時間に大きくなるものです。ほとんどが良性ですが、一割くらいはそうではない場合があります。

乳腺葉状腫瘍の症状

乳腺葉状腫瘍の症状は乳房のしこりから始まります。多発の割合が多いですが単発の場合もあります。しこりは触るとややかたく、よく動き、周囲との境界がはっきりしていて楕円形をしています。しこりは急速に増殖して分葉状に大きくなるのが特徴です。数か月で10センチ以上の腫瘤になることもあります。乳房の形や大きさが違ってくるのが外観でもわかるようになります。

良性の繊維線種や乳癌との区別は難しいですが、葉状腫瘍の場合はリンパ節転移がないことも特徴です。治療は腫瘍切除を行いますが、悪性良性問わず約2割で局所再発があります。また肺などに遠隔再発する場合もあり、その場合は致命的になります。

乳腺葉状腫瘍の原因

乳腺葉状腫瘍は乳腺組織のうち間質細胞が腫瘍化することははっきりしていますが、なぜ腫瘍化するのかなどの原因は医学的に解明されておらず、原因不明の病気です。しこりが乳腺繊維線種と似ていて区別が難しいことなどから、仮説として乳腺繊維線種が腫瘍化するのではないかとも言われています。

ちいさな乳腺葉状腫瘍は乳腺繊維線種との区別が難しく、大きなものでも炎症性乳癌との区別が必要なため、正確な検査が必要です。乳腺葉状腫瘍の検査は問診と触診に加えて超音波検査とマンモグラフィー、さらに細胞診や針生研を行い確定します。

乳腺葉状腫瘍の治療法

乳腺葉状腫瘍は原因が不明なため予防法はありません。乳腺葉状腫瘍の治療は良性で増大傾向のないものは経過観察ですが、悪性良性に関わらず完全腫瘍摘出が原則です。この病気は完全腫瘍摘出によって治療に高い効果を示しますが、取り残しがあると高い確率で局所再発するためです。

リンパ節転移がないため通常は腫瘍部分のみの切除ですが、腫瘤の大きさや悪性の場合などには乳房の全摘をする場合もあります。良性悪性に関わらず再発や多発する場合があるため術後も経過観察が必要です。
  • このコンテンツは、病気や症状に関する知識を得るためのものであり、特定の治療法、専門家の見解を推奨したり、商品や成分の効果・効能を保証するものではありません
  • ユーザーの皆様へ:病気や症状について相談したい方は、こちらからご登録をお願いします
  • 専門家の皆様へ:病気や症状の説明について間違いや誤解を招く表現がございましたら、こちらよりご連絡ください