早発月経そうはつげっけい

カテゴリ
女性の病気と妊娠・出産
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

医師監修

早発月経とは

早発月経とは、10歳に満たない子供に月経が来ることを言います。ホルモンの異常値により、月経を誘発している状態です。ホルモンを作る機能を持った腫瘍などがないか血液検査や画像検査が行われ、必要に応じて摘出術などが行われます。原因がわからない場合にはホルモンを抑える薬物治療が行われます。

早発月経の症状

早発月経の症状は、思春期に現れる月経と同じような事を誘発します。多くの場合が、ホルモンバランスによって左右されてくるために、個人差がありますが出血を伴う場合や、性器に腫瘍が出来てしまったりすることが挙げられます。
  
発症する患者の殆どが、10歳未満の子供たちであるために治療する事が非常に困難でもあります。また、陰毛が生えるといった事も症状の一つであり、これもホルモンバランスの問題が考えられます。外傷的な物で上げると、体にシミが出来始めたり腹痛などが挙げられます。
  
また、これらの痛みが全くない場合も存在します。その為に、発症しているかどうか見分ける事が難しい病気でもありますが、月経と同じ様な症状であるために見分けやすいといった意見もあります。

早発月経の原因

早発月経の原因となるものは、ホルモンバランスの異常が挙げられます。ストレス等によって、ホルモンバランスが崩れ発症してしまう場合もあれば、普段の生活の中で突然発症してしまう場合もあります。
  
また、脳に障害があったりすると発症してしまう場合も存在します。脳腫瘍等が原因となって症状が誘発するために、精神疾患の一つであるとも見解されています。その為に、病気によって誘発する場合とホルモンバランスの異常によって誘発する場合に分けられます。
   
また、卵巣が活性化する事も原因の一つとして挙げられ、上記の症状がなくても発症する場合があります。月経に必要な、ホルモン分泌をする事によって卵巣が活発化するために、ホルモンバランスが深くかかわっています。

早発月経の治療法

早発月経を予防するためには、普段の生活の中でホルモンバランスを正しくするためにサプリメントや薬などを摂取する事が必要となってきます。病院では、そういったメディカル療法を行うことによって早発月経の症状を緩和したり、あるいは治療していきます。また、脳腫瘍なども原因の一つとして挙げられているために、発症している場合にはそういった症状を緩和する事によって予防することが出来ます。
  

あまり前例のない病気であるために、明確な方法はありません。しかし、毎日の生活の中で、ホルモンバランスの異常を改善する事によって予防していくことが出来ます。
  • このコンテンツは、病気や症状に関する知識を得るためのものであり、特定の治療法、専門家の見解を推奨したり、商品や成分の効果・効能を保証するものではありません
  • ユーザーの皆様へ:病気や症状について相談したい方は、こちらからご登録をお願いします
  • 専門家の皆様へ:病気や症状の説明について間違いや誤解を招く表現がございましたら、こちらよりご連絡ください