リッサウイルス感染症りっさういるすかんせんしょう

カテゴリ
感染症
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

医師監修

リッサウイルス感染症とは

リッサウイルス感染症とは、ウイルス感染により生じる病気です。原因となるウイルスはラブドウイルス科リッサウイルス属のものであり、狂犬病に類するものです。症状は狂犬病に類似しています。このウイルスに感染する媒体としては、コウモリの存在が認められています。ヨーロッパなど、海外でいくつかの発症例があります。

リッサウイルス感染症の症状

リッサウイルス感染症により生じる症状には、食欲の不振や倦怠感、さらには発熱や手足の痛み、かゆみといったものがあります。またさらに、中枢神経に異常が生じ、興奮性の亢進や恐水症状、さらに精神撹乱といった狂犬病と同様の病状を示します。

リッサウイルス感染症による病状は、急激に進行する傾向が強く、痙攣や攻撃的行動が強く持続するようになります。さらに、手足の筋肉の脱力が進み、昏睡に陥り最終的には死に至ります。

リッサウイルスに感染してからの潜伏期間があるため、感染してからすぐにこうした症状が起きるわけではありません。感染から一ヶ月程度から数ヶ月を経て発症し、場合によっては発病が感染から数年に及ぶケースもあります。

リッサウイルス感染症の原因

リッサウイルス感染症が起きる原因は、ラブドウイルス科リッサウイルス属のウイルスへの感染です。感染の媒体となるのが、コウモリです。ウイルスは問題となる動物の唾液中に多く含まれています。そのため、リッサウイルスに感染しているコウモリに噛まれた場合に、体内へとウイルスが侵入しこの病気を発病します。

このウイルスへの感染例としては、ヨーロッパや、オーストラリアあるいはアフリカなど、海外で複数のケースが認められています。しかし、日本ではまだリッサウイルス感染症は報告されてはいません。もしリッサウイルス感染症のような病状が生じた場合には、患者の治療やウイルスの拡大の予防のために、早期の対処を行う事が必要です。

リッサウイルス感染症の治療法

リッサウイルス感染症に対する予防方法としては、ワクチンの事前の摂取が有効です。リッサウイルス感染症は、狂犬病ワクチンを用いることで対策できます。オーストラリアコウモリリッサウイルスと狂犬病ウイルスは、それぞれに抗原性が類似しているため、狂犬病ワクチンの摂取によって予防ができます。

リッサウイルスに対する抗体がなく感染した場合には、有効な治療の方法はありません。そのため、ウイルス感染の危険性がある地域を訪れる際には、コウモリを警戒するなど、感染を避けるための十分な対策を施しておくことが求められます。
  • このコンテンツは、病気や症状に関する知識を得るためのものであり、特定の治療法、専門家の見解を推奨したり、商品や成分の効果・効能を保証するものではありません
  • ユーザーの皆様へ:病気や症状について相談したい方は、こちらからご登録をお願いします
  • 専門家の皆様へ:病気や症状の説明について間違いや誤解を招く表現がございましたら、こちらよりご連絡ください