医師監修

胆管炎とは

胆管炎は、肝臓から十二指腸に胆汁を送る管である胆管という部分に炎症をきたすことで起こる病気です。しばしば胆石や腫瘍により閉塞した胆管に感染することで起き、高熱とともに早期に菌血症を起こすため、早期の抗生剤治療、閉塞の解除を目指した治療が行われます。

胆管炎の症状

胆管炎の主だった症状には、寒気や吐き気、発熱などがあります。食事を摂った後、しばしの時間を経過した後に、腹部に痛みを感じる場合もあります。この痛みは、背部や肩などに感じることもあり、右のわき腹を触ると、炎症を起こした部分が感応して、強い痛みを覚えることが特徴的です。
  
この他に、黄疸によって、皮膚などが黄色く変色してしまったり、排尿の際の色が濃くなるなどの症状を現します。また、急性胆管炎を起こしているケースには、細菌が患部から他の部位へ流出することが考えられます。重篤な場合には敗血症などが懸念される事態に陥りますので、緊急に処置が必要です。

胆管炎の原因

胆管炎の原因には、主に、細菌に感染したことに起因して起こるものが考えられます。原因菌となるものには、大腸菌や嫌気性菌などが挙げられ、より感染リスクが高い細菌は、大腸菌であると考えられています。嫌気性菌と言うのは、遊離酸素の量が少ないところで繁殖することを好む菌のことです。
  
また、この他の原因として、胆石に由来するものがあります。急性胆嚢炎に罹患した患者のおおよそ90%に胆石が確認されており、胆石が胆管の流れを遮ってしまうことによって、細菌に感染。炎症を引き起こしてしまうといったケースが多く見られます。

胆管炎の治療法

胆管炎を予防する方法として挙げられるのは、規則正しい生活です。食べすぎや飲みすぎ、アルコールの過剰摂取、こってりした食事を好んでよく摂取するなどといった生活は、肝臓に負担をかけ、弱らせます。
  
胆管炎は重症化に陥ると危険な疾病ですが、高齢者層においては、特に重篤な状態になりやすいため注意が必要となります。腹痛や黄疸などの症状が現れた場合には、速やかに医療機関を受診し、医師の診断を受けることが求められます。
  • このコーナーは、病気や症状に関する知識を得るためのものであり、特定の治療法、専門家の見解を推奨したり、商品や成分の効果・効能を保証するものではありません
  • 専門家の皆様へ。病気や症状の説明について間違いや誤解を招く表現がございましたら、こちらよりご連絡ください