胆管炎たんかんえん

カテゴリ
感染症
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

医師監修

胆管炎とは

胆管炎は、肝臓から十二指腸に胆汁を送る管である「胆管」という部分に炎症をきたし、高熱や黄疸、上腹部痛などの症状がみられる病気です。抗菌薬による治療や、胆道ドレナージなどの治療が行われます。

胆管炎の症状

胆管炎の主な症状には、寒気や吐き気、発熱などがあります。食後、しばしの時間を経過した後に、腹部や背部、肩などに痛みを感じる場合もあります。右のわき腹を触ると、炎症を起こした部分に強い痛みを覚えることが特徴的です。

この他に、黄疸によって、皮膚などが黄色く変色してしまうことがあります。また、急性胆管炎を起こしている場合は、細菌が患部から他の部位へ流出することが考えられます。重篤な場合は敗血症などのリスクがあるため、緊急に処置が必要です。

胆管炎の原因

胆管炎の原因は、胆汁がうっ滞することと、胆管が細菌感染を起こすことに起因します。原因菌となるものには、大腸菌や嫌気性菌などが挙げられます。
  
また、この他の原因として、胆石に由来するものがあります。急性胆嚢炎になった患者の約90%に胆石が確認されており、胆石が胆管の流れを遮ってしまうことによって、細菌に感染して炎症を引き起こすケースがよくみられます。

胆管炎の治療

はじめに、絶食をし、輸液や抗菌薬による治療が行われます。その後の治療は、重症度に合わせて行われます。

症状が重い場合は、胆道ドレナージを行います。胆道に溜まった胆汁をチューブで排出する治療です。

胆管炎の予防

胆管炎を予防する方法は、規則正しい生活です。食べすぎや飲みすぎ、アルコールの過剰摂取、こってりした食事を好んでよく摂取するなどの生活は、肝臓に負担をかけます。
  
胆管炎は重症化すると命にかかわる病気ですが、高齢者においては、特に重篤な状態に陥りやすいため注意が必要です。普段から生活習慣に気を配り、黄疸や腹痛、高熱などの症状が現れた場合は、速やかに医療機関を受診しましょう。
  • このコンテンツは、病気や症状に関する知識を得るためのものであり、特定の治療法、専門家の見解を推奨したり、商品や成分の効果・効能を保証するものではありません
  • ユーザーの皆様へ:病気や症状について相談したい方は、こちらからご登録をお願いします
  • 専門家の皆様へ:病気や症状の説明について間違いや誤解を招く表現がございましたら、こちらよりご連絡ください