医師監修

淋菌感染症とは

淋菌感染症は、文字通り淋菌の感染による性感染症で、比較的高い頻度で見られるものです。1回の性行為での感染率は約30%というデータもあり、高い感染率のため、注意が必要です。女性よりもどちらかというと男性の発症が多くみられます。

淋菌感染症の症状

淋菌感染症は、感染すると、2日から7日程度の潜伏期間の後、男性の場合は尿道炎や精巣上体炎を起こす場合が多いです。尿道炎の場合は、排尿時に痛みが伴ったり、尿道から膿性分泌物が出たりします。尿道炎がひどくなると、精巣上体が炎症を起こして陰嚢が腫れたり、痛みで歩行に支障を来したりします。精巣上体炎になると、場合によっては無精子症になることもあります。
  
女性の感染の場合は、男性よりも症状が出にくく、気づきにくい場合が多いです。しかし、子宮頸管に感染すると、子宮頸管炎になります。知らずにそのまま放っておくと、卵管炎や骨盤腹膜炎をおこし、不妊や子宮外妊娠の原因になる場合があります。

淋菌感染症の原因

淋菌感染症の原因は、性行為による感染で、接触だけでも感染します。また、妊婦が感染していると、出産時に産道を通ってくる赤ちゃんに感染する可能性が高く、失明や血液への感染、関節への感染等、非常な危険にさらすことになります。
  
こういった事態を避けるために、妊婦は淋菌感染症の検査を受けて、必要とあれば的確な治療を行うことが大事です。淋菌感染症の診断は、遺伝子核酸増幅法が用いられます。これは、検体中のDNAを増幅させて、淋菌のDNAが含まれるかどうかを調べるもので、PCR法、SDA法があり、確度が高いといわれています。

淋菌感染症の治療法

現在の淋菌感染症の治療は、以前よりも困難が伴うようになりました。基本的に、淋菌に有効な抗生剤を投与することになりますが、近年は、抗生剤への耐性がある耐性菌が多くなってきており、思うような治療効果が上がらないケースが増えています。
このため、経口剤で回復がみられない場合、入院して、効果が現れるまで点滴を行う等の方法がとられます。
淋菌感染症の予防には、性行為の際のコンドームの使用が現段階では有効です。また、パートナーと共に検査を受け、治療を進めることも大事です。
  • このコーナーは、病気や症状に関する知識を得るためのものであり、特定の治療法、専門家の見解を推奨したり、商品や成分の効果・効能を保証するものではありません
  • 専門家の皆様へ。病気や症状の説明について間違いや誤解を招く表現がございましたら、こちらよりご連絡ください