鼻疽びそ

カテゴリ
感染症
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

医師監修

鼻疽とは

鼻疽は人も獣も感染する病気で、あまり知られていない感染症です。鼻疽菌などが馬やロバなどから感染することで人も感染してしまいます。敗血症や肺炎などにもなってしまうことがあります。通常の生活をしているだけでは感染しないですが、動物との接触が多い場合には感染してしまうこともあります。

鼻疽の症状

鼻疽の主な症状は、肺炎や敗血症といったようなもので高熱の発熱がはっきりと分かる症状です。潜伏期間は二週間程度ですが、1年近く発症しないで潜伏している場合もあります。獣との接触がない場合にはあまり感染しないですが、ウマやロバなどの体液などを吸入してしまうと感染することがあります。

動物全般で共通する感染症なので、十分注意が必要です。飼育しているイヌやネコから感染することもあるので予防接種やワクチン接種も重要です。高齢者などでは肺炎や敗血症はかなり重症化します。場合によっては皮膚に腫れが出ることもあるので見た目からも症状が出ることもあります。ショックが出ることもあるので、急激に渋滞になることもあります。

鼻疽の原因

鼻疽の原因は鼻疽菌で、獣の体液などから感染してしまう感染症です。人から人に感染してしまうこともあり、肺炎のような症状や敗血症といったような高熱の症状も出てしまいます。獣と接触する機会がある人は注意が必要です。

ペットであってもイヌやネコから感染することもあります。既にイヌやネコが感染した場合には人にもうつっている可能性があるので早めに診察してもらい、抗生物質などを処方しておいてもらうと重症化しなくて済みます。

手や道具などを清潔にしておくと多少は防ぐことができますが、飛沫から感染することもあります。身近なところにいる動物にワクチン接種などをさせておくだけで感染を防げるようなこともあり、人間以外に原因があることもあります。

鼻疽の治療法

鼻疽を予防するには、感染しないようにすることが大切です。手な道具などをよく殺菌消毒することも大切で、衛生面をしっかり管理しておくと予防できます。

ペットがいる場合にはワクチン接種、予防接種で重症化は防げます。感染症としては初期に発見できれば治療できるものなので、早めに発見できることは大切です。

敗血症や肺炎の症状で受診することになりますが、原因が鼻疽菌であれば届け出しなければいけません。保健所などの指示で外出ができなくなったり、入院することにもなるので動物と接したことがあれば特に注意しておくとよいでしょう。
  • このコンテンツは、病気や症状に関する知識を得るためのものであり、特定の治療法、専門家の見解を推奨したり、商品や成分の効果・効能を保証するものではありません
  • ユーザーの皆様へ:病気や症状について相談したい方は、こちらからご登録をお願いします
  • 専門家の皆様へ:病気や症状の説明について間違いや誤解を招く表現がございましたら、こちらよりご連絡ください