感染性角膜炎かんせんせいかくまくえん

カテゴリ
感染症
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

医師監修

感染性角膜炎とは

感染性角膜炎は角膜部分に細菌やウイルスが感染して起こる病気です。近年は特にパソコンやスマートフォンの利用も増えて目を酷使することも多く、目の免疫力が落ちてしまい、感染することも多いです。眼科などでは専門の目薬で治療できますが、まずはこうした感染性のウイルスに気をつけることも大切です。

感染性角膜炎の症状

感染性角膜炎の主な症状は、めやに、目のかゆみ、かすみ目、痛みで場合によっては激しい充血を伴うこともあります。目の内部の異物感が強くなることも多く、目を開けていられないような重症になることもあります。角膜は傷ついてしまうと視力の低下にもつながるので大量に目やにが出たり、目に異常を感じたら早めに眼科を受診する必要があります。
角膜の病気は他にも失明の危険があるようなものになってしまうことも多く、結膜炎を併発してしまっていることもあります。少しの異常でもしっかりと診察してもらうことが大切です。また他人に感染することもあるので家族や友人からうつされてしまうことも、うつしてしまうこともあります。眼の症状を感じたら十分清潔にすることが大切です。

感染性角膜炎の原因

感染性角膜炎の原因はウイルスや細菌が目に入ってしまうことによります。家族で結膜炎や角膜炎を起こしていればタオルの共有や目薬の共用でうつってしまうこともあり、よごれた手で目をこすることでも発症してしまうこともあります。

できる限り手や目の周りをきれいにしておき、ウイルスなどの感染を防ぐ必要があります。プールや大衆浴場で感染してしまうこともあるので、入浴前後やプールの前後にはしっかりと目をきれいにする必要もあります。

角膜の病は最悪の場合、失明に至る場合もあるので異常を感じたら早めに医療機関への受診が必要です。感染性角膜炎だけではなく、他の感染性の病気にかかっていることもあるので十分注意が必要になります。

感染性角膜炎の治療法

感染性角膜炎を予防するには常に手や目の周りを清潔にしておくことが大切です。汚れた場所を触った手などで目を触らないようにすることが大切です。

万が一のために目薬を定期的にさしたり、目の免疫力が低下しないように工夫する事も大切です。完璧な予防はないですが、プールや大衆浴場を利用するときには特に注意をして、清潔が維持できるようにします。
また、家族などが感染している時はタオルの共有などは避けるようにします。
  • このコンテンツは、病気や症状に関する知識を得るためのものであり、特定の治療法、専門家の見解を推奨したり、商品や成分の効果・効能を保証するものではありません
  • ユーザーの皆様へ:病気や症状について相談したい方は、こちらからご登録をお願いします
  • 専門家の皆様へ:病気や症状の説明について間違いや誤解を招く表現がございましたら、こちらよりご連絡ください