医師監修

門脈圧亢進症とは

門脈圧亢進症とは、門脈圧が200mmH2O以上に上昇する病気のことで、これらに伴う病的症状をまとめて門脈圧亢進症といいます。そのため、一つの病気のことを指すわけではなく、様々な病気が原因となり、食道胃静脈瘤、脾腫、胸腹水、肝性脳症などの症状を起こします。

門脈圧亢進症の症状

門脈圧亢進症自体は無症状ですが、合併する病気の症状が現れ、食道・胃静脈瘤、脾臓腫大、腹水、肝性脳症、胃腸症など、長引くと様々な症状が起こります。
  
食道・胃静脈瘤は、食道や胃にある静脈が大きく腫れ、破れると大量に出血して吐血することもあります。脾臓腫大は、脾臓が腫れて血液の成分が破壊され、貧血や出血、易感染症などの症状が起こります。腹水は、お腹が張ったり、栄養分が失われることもあります。肝性脳症は、神経障害物質が脳に流れ込んでしまうことにより、意識障害になる危険性があります。胃腸症は、粘膜が浮腫んだり易出血性(接触出血)などが起こります。

門脈圧亢進症の原因

門脈圧亢進症の原因の多くは肝硬変とされています。肝硬変になると、それに伴う形で門脈という血管の圧が上昇し、門脈圧亢進症になり、食道静脈瘤を引き起こします。
  
食道静脈瘤は、食道の粘膜を流れる静脈血の流れる向きが逆になることにより、大量の血液が食道の静脈に流れ込み、その結果、血管が曲がってでこぼこになってしまった状態です。肝硬変以外には、特発性門脈圧亢進症、Budd-Chiari症候群、肝外門脈閉塞症など多くの原因が考えられます。

門脈圧亢進症の治療法

門脈圧亢進症は、原因となる病気の治療と同時に、起こっている症状に対する治療が行われることになります。食道・胃静脈瘤の破裂がある場合には、内視鏡を使った止血や薬物療法が行われるのが一般的です。
  
また、出血の予防として、静脈瘤に薬を入れる、内視鏡的静脈流硬化療法や、静脈瘤を縛る、内視鏡的静脈瘤結紮術なども行われます。手術をする場合もありますが、最近は少なくなってきていると言われています。
  • このコーナーは、病気や症状に関する知識を得るためのものであり、特定の治療法、専門家の見解を推奨したり、商品や成分の効果・効能を保証するものではありません
  • 専門家の皆様へ。病気や症状の説明について間違いや誤解を招く表現がございましたら、こちらよりご連絡ください

門脈圧亢進症に関するコラム