嵌頓包茎かんとんほうけい

カテゴリ
男性生殖器の病気
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

医師監修

嵌頓包茎とは

男性の性器に発生する包茎と呼ばれる病気の一種です。包皮の入り口部分の皮が狭くなっており、勃起時に亀頭部分を露出させた後に狭くなった包皮のため亀頭が還納できなくなった状態を指します。一度嵌頓包茎になってしまうと、自力で治療することは難しいため、完治させるためには泌尿器科で診察や外科手術を受ける必要があります。

嵌頓包茎の症状

嵌頓包茎の代表的な症状に、勃起時においての男性器への締め付け感や、包皮のむきにくさなどがあります。皮がひきつれることで性行為時に痛みを生じさせるため、性行為を行えない人も多いです。

重度の嵌頓包茎になると、包皮が戻らなくなり、酷く男性器を締め付けてることでリンパの流れが阻害され、亀頭部分を鬱血させます。鬱血が酷くなると亀頭部分が壊死してしまうことがあります。

不衛生な状態になりやすいため、雑菌が繁殖しやすく、炎症が発生します。包皮に水膨れが発生することもあり、重度の症状になると、包皮が壊死が発生します。

無理に包皮を戻そうとすることで、裂傷が生じることもあり、傷口から細菌が入り込み、感染症になる場合もあります。

嵌頓包茎の原因

嵌頓包茎は、性器の成長が著しくなる第二次成長期に、包皮が十分に広がらなかった場合に多く発症します。一番大きな原因と言われているのは、包皮の入口が狭いにも関わらず、亀頭部分を無理やり露出させようとしてしまうことです。

泌尿器科への受診に抵抗がある男性が、無理やり矯正しようとして無理に包皮を引っ張ってしまうパターンが多くあります。

軽度の嵌頓包茎であれば、締めつけ感などの軽い症状ですが、無理やり包皮を引っ張ってしまうことが原因となり、亀頭のくびれの部分に包皮が引っかかり、戻らなくなるという重度の症状に変化してしまいます。

包皮が戻らなくなると、亀頭部分にダメージを受けてしまうため、原因を作らないようにする必要があります。

嵌頓包茎の治療法

嵌頓包茎の予防には、何よりも清潔を心がけることが重要になります。入浴時に包皮をむいて亀頭部分を良く洗浄し、洗浄後にはきちんと包皮を戻しておきます。

包皮口は、亀頭部分を露出させるたびに広がりやすくなるため、包茎の疑いがある場合には、幼少時からむく練習をしておくと効果的です。

むく練習は、一回の練習時に数十回繰り返し、スムーズに出来ない時でも、焦らないことが重要になります。

嵌頓包茎になる前の段階である、仮性包茎の時期に泌尿器科の医師に相談をしておくと、個人に合った予防治療を早い段階で受けることが可能です。
  • このコンテンツは、病気や症状に関する知識を得るためのものであり、特定の治療法、専門家の見解を推奨したり、商品や成分の効果・効能を保証するものではありません
  • ユーザーの皆様へ:病気や症状について相談したい方は、こちらからご登録をお願いします
  • 専門家の皆様へ:病気や症状の説明について間違いや誤解を招く表現がございましたら、こちらよりご連絡ください