男性更年期障害だんせいこうねんきしょうがい

カテゴリ
男性生殖器の病気
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

医師監修

男性更年期障害とは

男性更年期障害とは男性ホルモンの減少が主な要因となって不定愁訴を訴える症状のことで、LOH症候群とも呼ばれています。女性の更年期障害はよく知られていますが、男性にも似たような症状が現れるのに加えて男性特有の症状が現れます。

男性更年期障害の症状

男性更年期障害に見られる症状は女性の更年期障害同様、発汗やほてり、のぼせ、動悸、倦怠感などの身体症状に加えて男性特有の症状が見られます。特に典型的な症状はうつ症状です。やる気や集中力が出ず、不眠が続く、筋力も低下するなどの症状と共にうつ症状が現れ、周囲からは怠けているように取られることもあります。
  
また性欲の低下、勃起不全など性機能の減退も特徴的な症状です。頻尿や残尿感など前立腺の疾患も多く見られます。女性更年期障害が閉経前後の数年間で改善されるのに対し、男性更年期障害は放置すれば長期間にわたるなど簡単には回復しないこともあります。そのため早期での診断が望ましい病気です。

男性更年期障害の原因

原因は男性ホルモンの一種であるテストステロンの減少によるホルモンバランスの崩れです。テストステロンは性機能の維持の他にも筋肉や骨、脳の認知機能などにも関係しているためテストステロンの減少によりさまざまな症状が現れます。女性の場合は閉経がターニングポイントとなってホルモンバランスが崩れる事が原因となりますが、男性の場合は加齢と共に減少していくテストステロンには個人差があります。
  
テストステロンが急激に減少する要因として考えられているのは加齢の他にストレスと運動不足があげられます。また、まじめな性格の人や責任感の強い人も男性更年期障害を起こしやすいと言われています。

男性更年期障害の治療法

男性更年期障害を予防するためには生活習慣を改め適度な運動を行いストレスを緩和する事が大切です。
  
最も大切なのはバランスのいい食生活です。特にビタミン・ミネラルの摂取は大切でマグネシウムや亜鉛はテストステロンの分泌を促進します。また良質な脂肪分を適度に摂ることも効果的です。
 
運動は激しいものよりもウォーキングなどを継続して行うのが良いです。ストレス緩和のためには睡眠をきちんと取ることも大切です。
  • このコンテンツは、病気や症状に関する知識を得るためのものであり、特定の治療法、専門家の見解を推奨したり、商品や成分の効果・効能を保証するものではありません
  • ユーザーの皆様へ:病気や症状について相談したい方は、こちらからご登録をお願いします
  • 専門家の皆様へ:病気や症状の説明について間違いや誤解を招く表現がございましたら、こちらよりご連絡ください