レッシュ・ナイハン症候群れっしゅ・ないはんしょうこうぐん

カテゴリ
代謝異常が要因の病気
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

医師監修

レッシュ・ナイハン症候群とは

レッシュ・ナイハン症候群とは、体内の代謝酵素の働きが先天的に不全となっているために、尿酸が体内で過剰に生じる病気です。尿酸が体内に多く生じることによって、高尿酸血症やあるいは痛風といった病状を引き起こします。この病気は遺伝子が原因であり、発症する割合はごく稀です。

レッシュ・ナイハン症候群の症状

レッシュ・ナイハン症候群がもたらす症状としては、不随意運動や筋肉の硬直、さらに精神運動発達の遅れといった問題が生じます。また、注意すべきは、自傷行為もこの病気によって生じる可能性があるという点です。自傷行為によって、自らの唇や指先を噛みちぎるといった病状があるため、対策が必要です。また、尿酸の増加により高尿酸血症の各種症状が生じます。
患者の成長過程の中で、乳児期から発育の不良といった問題が見られます。また、運動機能についても発達の遅れが現れます。やがては不随意運動が起きるようになり、自傷行為も目立ってきます。早期にこうした病状を発見することにより、レッシュ・ナイハン症候群を患っているかどうかの判断をしていきます。

レッシュ・ナイハン症候群の原因

レッシュ・ナイハン症候群が起きる原因であるのは、体内の代謝酵素が機能しないことによる尿酸の以上増加です。ヒポキサンチン・グアニンホスホリボシールトランスフェラーゼという体内の代謝酵素が、遺伝子異常により欠けていると、細胞内でプリン体を再利用するための仕組みが機能しなくなります。その結果として、体内で尿酸が異常に生産されます。

原因となる遺伝子は、性染色体のX染色体にあることが確認されています。そのため、母親から原因遺伝子が受け継がれる可能性があり、また患者のほとんどは男性です。レッシュ・ナイハン症候群を発病する人はごく稀であり、男児のうちおよそ十万人に一人の割合で発病する可能性がある病気です。

レッシュ・ナイハン症候群の治療法

レッシュ・ナイハン症候群の予防方法としては、X染色体の異常が原因となる事から、具体的な対策方法はありません。このことから、レッシュ・ナイハン症候群により引き起こされる病状に対して、それぞれの対処を行う事が具体的な治療手段です。

高尿酸血症を起こしている場合には、尿酸生成抑制薬を用いることが有効です。尿酸の増加を抑えることにより、腎障害や通風による関節炎の問題をできるだけ予防することができます。

また、尿路感染症を防ぐため十分に水分を摂取することが求められます。自傷行為には、向精神薬などの処方が役に立ちます。その他、マスクやリップガードの着用が、自傷行為を抑えることにつながります。
  • このコンテンツは、病気や症状に関する知識を得るためのものであり、特定の治療法、専門家の見解を推奨したり、商品や成分の効果・効能を保証するものではありません
  • ユーザーの皆様へ:病気や症状について相談したい方は、こちらからご登録をお願いします
  • 専門家の皆様へ:病気や症状の説明について間違いや誤解を招く表現がございましたら、こちらよりご連絡ください