足関節滑液包炎そくかんせつかつえきほうえん

カテゴリ
運動器系の病気
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

医師監修

足関節滑液包炎とは

足関節滑液包炎は、足首の関節部分にある滑液包が炎症を起こし、痛みや腫れを発症する病気です。
関節部分にある滑液包には液体が含まれており、骨と骨が擦れ合う時に潤滑油の働きをし、摩擦を減少させることで傷めないようになっていますが、過度に力が掛かったり酷使したりすることで、炎症を起こします。

足関節滑液包炎の症状

足関節滑液包炎は、一般的には患部に腫れや痛みを生じます。
急性の場合、早ければ数時間程度で痛みが発生し、症状が酷い場合には足首部分の皮膚が赤く腫れ上がります。また、細菌誘導性や結晶誘発性の足関節滑液包炎の場合は、痛みが強く、患部に熱を持つこともあります。
  
足関節滑液包炎を繰り返し発症するか、患部を酷使するなどして炎症が起きている状態が長引いた場合、慢性の状態となり、数ヶ月程度症状が治まらないこともあります。長時間炎症を起こし続けている場合は、患部の線維化による可動域の縮小や、患部の筋力の低下などが見られ、再発しやすい状態になります。
このため、症状が出た際には、患部を安静にするなど注意が必要になります。

足関節滑液包炎の原因

足関節滑液包炎を発症する原因は、過度な運動などによる足首の酷使や長時間の正座、あるいは感染症や痛風などによります。
関節部分には滑液包があり、滑液包は滑液によって満たされています。正常時は、この滑液包によって可動部分の摩擦を減少させることで、損傷を防いでいます。
  
しかし、スポーツなどによる連続的あるいは日常的な酷使によって、過度な刺激や圧力が加わることで過剰に滑液が分泌され、滑液包の滲出液を生じ、炎症が引き起こされます。長時間の正座などにより、足首の前方部分に刺激を与え続けるような動作をすることで、足関節滑液包炎を引き起こすこともあります。
  
また、黄色ブドウ球菌などによる感染症や痛風、偽痛風、関節リウマチや外傷なども炎症の原因となります。

足関節滑液包炎の治療法

足関節滑液包炎の予防は、足首に過度に負担が掛かるスポーツや、長時間の正座などで足首部分を酷使、あるいは過度な刺激を与えないように注意します。また、普段から包帯やサポーターなどを利用し、足首部分の負担が出来る限り軽減されるようにします。
  
感染症や関節リウマチ、痛風などを原因とする滑液包炎の場合には、主として該当する病気の治療を行います。
足関節滑液包炎を発症しやすい場合は、足首部分の滑液包を外科的に切除するという方法もあります。
足関節滑液包炎の症状が出た場合には、患部を出来る限り安静にし、早めの受診を心掛けます。
  • このコーナーは、病気や症状に関する知識を得るためのものであり、特定の治療法、専門家の見解を推奨したり、商品や成分の効果・効能を保証するものではありません
  • 専門家の皆様へ。病気や症状の説明について間違いや誤解を招く表現がございましたら、こちらよりご連絡ください