肘関節靭帯損傷ひじかんせつじんたいそんしょう

カテゴリ
運動器系の病気
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

医師監修

肘関節靭帯損傷とは

肘関節靭帯損傷は、肘関節の両側にある関節の横方向への動揺性を制御する側副靭帯という組織を損傷してしまう疾患です。一般的には、スポーツ事故や、転倒時に手をついてしまったときなどに肘に強い外力が加わった時に損傷することが多いです。場合によっては、関節脱臼を伴うこともあります。

肘関節靭帯損傷の症状

肘関節靭帯損傷は、側副靭帯の損傷のしかたにより症状が異なります。外からの外力により側副靭帯を損傷する場合と、肘に無理な負荷をかけ続けることにより内面的に側副靭帯を損傷する場合があります。
外からの外力により側副靭帯を損傷した場合は、傷を負った直後に肘が痛くなります。その後、徐々に腫れが発生します。また疼痛が発生するため、その痛みにより肘を曲げることが困難になります。
また、内面的に側副靭帯を損傷する代表例としては、野球などのピッチャーを行い、無理な投球フォームを続けていると、投球数が増すうちに徐々に肘に痛みを感じるようになって、投球ができなくなります。また、急に疼痛が生じて投球ができなくなる場合もあります。

肘関節靭帯損傷の原因

肘関節靭帯損傷の原因としては、2種類あります。
一つ目としては、肘に強い外力が加わった時に損傷してしまう場合です。たとえば、スポーツを行っているときに発生する事故や、転倒などして手をついた時に肘に衝撃が伝わってしまった場合、交通事故などにより肘に強い外力が加わってしまった場合などを挙げることができます。
二つ目としては、肘に無理な負荷をかけ続けた時に、損傷してしまう場合です。代表的な例としては、無理なフォームでの野球のピッチングなどが挙げられます。特に変化球などを無理な投球フォームで投げ続けると、徐々に靭帯の断裂が始まり最終的には損傷してしまう場合などがあります。特に小中学生などは骨が未発達のため無理な投球フォームにより骨を傷めることがありますが、そのままの投球フォームを成人してからも続けると、骨ではなく靭帯を損傷することになります。

肘関節靭帯損傷の治療法

肘関節靭帯損傷の予防方法としては、肘に強い外力を加えないことが必要になります。その要因になるスポーツ事故や転倒事故、交通事故などを未然に防ぐために徹底した安全管理を行うことが必要です。さらに、外力が加わる可能性がある場合は、プロテクターを付けて作業やスポーツを行うなどの対策が有効です。
また、野球などの投球を続けているうちに断裂することを防ぐためには、無理な投球フォームを続けず、コーチ指導のもと適切な投球フォームを身に着けることが必要です。特に痛みを感じたら、無理をせずにしばらく安静にすることも重要になります。
  • このコンテンツは、病気や症状に関する知識を得るためのものであり、特定の治療法、専門家の見解を推奨したり、商品や成分の効果・効能を保証するものではありません
  • ユーザーの皆様へ:病気や症状について相談したい方は、こちらからご登録をお願いします
  • 専門家の皆様へ:病気や症状の説明について間違いや誤解を招く表現がございましたら、こちらよりご連絡ください