カルベ扁平椎/好酸球性肉芽腫症かるべはんぺいつい/こうさんきゅうせいにくげしゅしょう

カテゴリ
運動器系の病気
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

医師監修

カルベ扁平椎/好酸球性肉芽腫症とは

カルベ扁平椎/好酸球性肉芽腫症は子供の頃に脊椎が扁平になってしまう症状です。好酸球によって引き起こされる病気で、神経の働きが悪くなり、しびれや冷え性の原因にもなります。この症状は成長とともに改善されていくものが多く、悪化すること無く、自然に治る場合がほとんどです。

カルベ扁平椎/好酸球性肉芽腫症の症状

カルベ扁平椎/好酸球性肉芽腫症の主な症状はそれほど目立ったものではなく、CTなどで扁平になってしまった脊椎が見える程度でそれ以上の悪化があまりないものです。経過観察だけで治療が済むことも多いです。治療のための手術が必要ないこともほとんどです。
骨端症に似ていると言われることもありますが、根本的に骨端症とは異なる要因で好酸球によるものなので成長とともに改善されます。悪化する場合には他の病気を併発したり、感染症や骨端症が現れているとも考えられます。重症化すること無く改善されることがほとんどですが、原因を調べ治療することでより安全に改善できます。子どもに多く見られるもので経過観察時には注意が必要です。

カルベ扁平椎/好酸球性肉芽腫症の原因

カルベ扁平椎/好酸球性肉芽腫症の原因は好酸球による肉芽です。ひとつの脊椎のみに発生して、そのまま他に感染すること無く自然に治療されていくことが多いです。経過観察中に異常がなければそのまま治療が終わる程度のものです。
時には頭蓋骨や肋骨に似たような症状が出ることもありますが、いずれも良好に病態が改善していくことが多いです。

カルベ扁平椎/好酸球性肉芽腫症の治療法

カルベ扁平椎/好酸球性肉芽腫症は好酸球による肉芽腫変異と言われており、悪化することはあまりなく改善されます。カルベ扁平椎/好酸球性肉芽腫症は一般的な骨端症と似ているため、区別が難しく経過観察中に症状が変化しない場合や好転していく時にはカルベ扁平椎/好酸球性肉芽腫症と判明します。
症状が骨端症と疑われるうちは激しい運動などは控えて、脊椎に負担がかからないようにする必要があります。姿勢などにも注意して悪化しないように気をつけることが大切です。場合によってはリハビリや入院で治療をすることもあります。
  • このコンテンツは、病気や症状に関する知識を得るためのものであり、特定の治療法、専門家の見解を推奨したり、商品や成分の効果・効能を保証するものではありません
  • ユーザーの皆様へ:病気や症状について相談したい方は、こちらからご登録をお願いします
  • 専門家の皆様へ:病気や症状の説明について間違いや誤解を招く表現がございましたら、こちらよりご連絡ください