変形性骨関節疾患へんけいせいこつかんせつしっかん

カテゴリ
運動器系の病気
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

医師監修

変形性骨関節疾患とは

変形性骨関節疾患とは、骨に負担をかけたりすることによっておこる状態です。とくに重いものを持つ仕事をしていたりする人などはこういった変形性骨関節疾患にかかりやすくなり、骨が変形したり、すり減ったりすることもあります。人によって進行状態は大きく変わってきたりします。

変形性骨関節疾患の症状

変形性骨関節疾患の症状としては、お年寄りに多く見られることがあり歩いたり、走ったりするだけで痛みを感じる人もいます。

男性でも女性でも年をとることにより、変形性骨関節疾患を発症しやすくなり、骨が固くなったり曲がったりすることがあります。お年寄りの他にもなる場合があり、病気の人だったり、重いものを持つ職業の人だったりと骨に負担を大きくかけている場合はこういった症状を引き起こしやすくなります。

このような症状を引き起こした場合は、直ちに病院に行って受診することが大切です。放置しておくと悪化し、最悪常に痛みを伴う状態になる事もありますので、注意して生活していくことが大切です。

変形性骨関節疾患の原因

変形性骨関節疾患の原因としては、年をとることによる老化が一番大きい場合がほとんどです。年をとると誰にでもこういった症状を引き起こす可能性が出てくるので、日頃から骨に負担をかけるような重いものを常にもっていたり、階段の上り下りを何度も行うなどのことは避けたりすることが大切です。

その他、原因は個々に異なりますが、変形性骨関節疾患を患った人は早く気づくことが大切です。気づかず加齢のせいだと思い、放置しておくと症状が悪化してしまうことがあるので気をつけて生活していくことが大切です。

変形性骨関節疾患の治療法

変形性骨関節疾患の予防としては、体を鍛えたりすることも大事ですが骨を休ませることが大切です。

長時間ずっと立位の状態、休みなく動きどうしの状態では、骨が異常をきたすこともあるので適度に休みをとることが大切です。少し体だけでなく、骨も休むことができるので日頃からそういった休みをとる習慣をつけていくことが大切です。

またお年寄りの中には杖を使って歩いている人もおり、そういった道具を使って歩く手助けをすることも予防につながる場合もあります。転倒することを少なくすることにより関節への負担を減らすこともできます。

治療は、初期の症状では薬物療法があります。内服や湿布などを使用し、炎症や痛みをおさえます。
注射により、関節内にヒアルロン酸など関節保護剤の注入や、関節内へのステロイドの注入をすることもあるでしょう。
進行した場合、関節鏡視下手術をする場合もあります。
痛みや変形が強い場合、膝や股関節では、人工関節などの手術をすることもあるでしょう。
  • このコンテンツは、病気や症状に関する知識を得るためのものであり、特定の治療法、専門家の見解を推奨したり、商品や成分の効果・効能を保証するものではありません
  • ユーザーの皆様へ:病気や症状について相談したい方は、こちらからご登録をお願いします
  • 専門家の皆様へ:病気や症状の説明について間違いや誤解を招く表現がございましたら、こちらよりご連絡ください