医師監修

大腿骨骨折とは

大腿骨骨折とは、外的に加えられた衝撃によって骨が折れてしまう外傷のことです。大腿骨は、人間の体内に存在する骨の中でも特に大きな部位であるため、骨折に至るには、大きな力が必要となります。

大腿骨骨折の症状

大腿骨骨折を引き起こすと、大腿骨患部に強烈な痛みを生じます。そのため、歩行など脚を動かす動作は難しくなり制限されます。また、患部に由来する筋肉に異常をきたすため、見てすぐに分かるほどの変形が現れることが特徴です。
  
痛み以外の主な症状としては、皮下出血が顕著に見られます。膝窩動脈損傷も同時に起こしている場合には、足からの脈拍が感じられなくなったり、足の指が青く変色したりしてしまうなどが確認され、神経麻痺を引き起こした場合には、足の指などが動かせない状態に陥ってしまうことがあります。

大腿骨骨折の原因

大腿骨骨折の原因は、外側からの要因として、大腿骨に強力な力が加わることであるとされています。
  
傷を起こす原因としては、交通事故が最も多いとみられており、次いで、スポーツ中の事故や遊んでいるときに起こる事故、高いところから落ちたことに由来するものなどが続きます。5歳から6歳くらいまでの間には、転落事故の多さが目立っているため、子供の動きには特に注意が必要です。
  
大腿骨骨折を起こしたと推測される場合には、多くの出血を起こすことが懸念されますので、早急に医療機関を受診することが求められています。

大腿骨骨折の治療法

大腿骨骨折を予防するためには、転落事故やスポーツ中の事故に配慮することが大切です。特に、年少の子供は、高所に興味を示すことが多くあり、危険をともないます。そのため、子供の動きには常に注意を払っておくことが必要です。
  
万が一、大腿骨骨折を起こしてしまった場合には、添え木をして患部を固定する応急処置を行うことが推奨されます。身体を横たえた状態のまま、速やかに医療機関にかかることが大切です。
  • このコーナーは、病気や症状に関する知識を得るためのものであり、特定の治療法、専門家の見解を推奨したり、商品や成分の効果・効能を保証するものではありません
  • 専門家の皆様へ。病気や症状の説明について間違いや誤解を招く表現がございましたら、こちらよりご連絡ください