医師監修

骨髄腫とは

骨髄腫とは、リンパ球の一種である形質細胞が腫瘍化した病気です。異常な免疫グロブリンを大量に産生することで、血液がねばねばし詰まりやすくなる過粘稠症候群を引き起こしたり、骨を溶かすことで高カルシウム血症や骨折を起こします。病期や患者の年齢によって、化学療法や骨髄移植が検討されます。

骨髄腫の症状

初期に共通して起きる症状として、骨髄の不調により貧血が引き起こされ、体がだるくなる事、骨の痛みがあげられます。
しかし、ガン化した細胞が発生する場所は一箇所だけのこともあれば、体中のいたるところに生まれることがあるため、ガン化した細胞がどの器官の機能を侵すのかによって症状が変わってくるため、骨髄腫の症状を一般化することができません。
  
骨の細胞がガン化している場合であれば、骨に問題を抱えることになり、腎臓の細胞がガン化している場合は腎臓に問題が起こります。

この骨髄腫の特徴として、年齢が高くなるに従い発症しやすい傾向があげられます。40歳以下の人にはほとんど見られない病気ですが、40歳以上から発症する人が増えていく傾向が統計上認められます。また女性よりも男性に多くおきる病気であります。

骨髄腫の原因

現在、この病気が引き起こされる原因は明確には特定されていません。ただし、患者の遺伝的要素や体質などの先天的なもの、有害な環境物質による後天的な影響などの多くの要素が重なって引き起こされるといわれています。
  
そのため、原因を一つに特定しがたく、患者も自覚しにくい病気です。

骨髄腫の治療法

骨髄腫が発生する原因には多くの要素があり、その原因が明確に特定されていないため、はっきりと効果的な予防方法は今のところ発見されていません。ただし、発症後の風邪などの感染症に対する予防が非常に重要です。
  
骨髄腫が発生した際に患者の身体は体外からの異物に対する抵抗力が著しく弱っており、風邪のようなちょっとした感染症でも重大で深刻な事態を招く可能性があるので、感染症にかからないように予防することがとても重要です。

治療として、化学療法があげられます。
また、年齢により、末梢血幹細胞による自家造血幹細胞移植を行う場合もあります。

  • このコーナーは、病気や症状に関する知識を得るためのものであり、特定の治療法、専門家の見解を推奨したり、商品や成分の効果・効能を保証するものではありません
  • 専門家の皆様へ。病気や症状の説明について間違いや誤解を招く表現がございましたら、こちらよりご連絡ください