野球肩/水泳肩やきゅうかた/すいえいかた

カテゴリ
運動器系の病気
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

医師監修

野球肩/水泳肩とは

野球肩/水泳肩とは、肩を使用するこれらのスポーツにより肩関節に障害が生じた状態を指します。使い過ぎにより起こる場合には回数を減らす、しばらく休むなどで回復することもありますが、関節唇や腱板と呼ばれる部分が損傷を起こした場合には、治療が必要となることもあります。また、小中学生というまだ骨が成長過程に適切なフォームやストレッチを学ぶことなく野球を行うと、上腕骨の骨端線が離開が起こる場合があり、これは別名リトルリーグショルダーと呼ばれています。

野球肩/水泳肩の症状

野球肩/水泳肩に伴う症状としては、肩を動かすことに伴う傷みがあります。肩の骨格や腱に問題があることで、傷みが発症されます。その結果、満足にスポーツを行う事に支障が表れます。さらにその肩の傷みが、精神的な不安感を引き起こすこともあります。また、痛みだけでなく、肩の違和感やあるいは動作に伴う雑音が発せられることも症状としてあります。こうした肩の異常は、微妙な肩のコントロールを要するスポーツにおいて障害となります。
病状が強くなると、痛みのほか、関節の稼動域が狭まって肩を大きく動かすことが困難になります。引き続き激しい負荷をかけると、関節部分などの変形がもたらされることもあるため、注意を必要とします。

野球肩/水泳肩の原因

野球肩/水泳肩が起きる原因には、スポーツで肩に対して過度の負荷がかかっていることが挙げられます。具体的には、肩の回旋筋腱板や関節唇、あるいは二頭筋腱などの部分に対して、炎症が起きたりあるいは組織が損傷することが原因となることがあります。また、関節付近の組織が石灰化したり、あるいは亜脱臼が引き起こされることにより、痛みや関節の稼動域の問題が生じます。
成長期にある子供の場合には特に、こうした肩の酷使による関節部分の炎症や損傷が、肩の組織の変形を引き起こす可能性があります。野球肩や水泳肩の原因には個人差があるため、それぞれの人によって症状の表れ方や病状の悪化の要因も違いがみられます。

野球肩/水泳肩の治療法

野球肩/水泳肩の予防のための対策方法としては、肩を酷使しないということが先決です。肩の関節部分に違和感や痛みなどの異常が見られるようになれば、スポーツを一時的に休止し肩を休めることが必要です。
また、野球肩や水泳肩のような問題を引き起こさないために、正しい体の動かし方を学ぶことが大切です。正確なフォームや力の入れ方を身につけることにより、肩関節に対する負荷を出来るだけ少なくすることができます。さらに、筋力トレーニングで、肩の関節を保護するために必要となる筋力を身につけることも大切です。
  • このコーナーは、病気や症状に関する知識を得るためのものであり、特定の治療法、専門家の見解を推奨したり、商品や成分の効果・効能を保証するものではありません
  • 専門家の皆様へ。病気や症状の説明について間違いや誤解を招く表現がございましたら、こちらよりご連絡ください

野球肩/水泳肩の相談