変形性腰椎症へんけいせいようついしょう

カテゴリ
運動器系の病気
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

医師監修

変形性腰椎症とは

変形性腰椎症とは、高齢者に多く見られる腰痛のことで、原因は主に加齢です。背骨の1つ1つの間にはクッションの役目を果たしている椎間板がありますが、加齢とともに椎間板から水分が失われてつぶれやすくなり、そこから腰痛が発生します。また骨の一部が突き出てしまう骨棘が出来ることで椎間板を傷つけてしまうことがあります。痛みを伴った場合にのみ変形性腰椎症と診断されます。

変形性腰椎症の症状

変形性腰椎症の主な症状は腰痛です。起き上がる時、寝返りを打つ時、立ち上がる時など何か動作をするその開始時に強い痛みが現れて、動き出すと軽くなるのが特徴です。同じ姿勢を長時間保ったままでも強い痛みを感じる場合があります。痛みの出る場所も様々で、腰部全体、棘突起の周囲、臀部、傍脊柱筋などがあり、その中でも特に臀部の痛みが多いと言われています。
  
腰の倦怠感、鈍痛、重いなどの症状が一般的ですが、足のしびれや足の冷え、運動障害などを感じる人もいます。また、腰が外側、または内側に曲がってくるのも変形性腰椎症の症状だと言えます。こうなってくると長時間立っていることが厳しくなります。

変形性腰椎症の原因

変形性腰椎症の主な原因は加齢です。遺伝的な要素も原因の1つですが、過去に重労働をしていたということも原因の1つとして挙げられています。
  
椎間板が老化によって劣化し、水分を失っていくと本来クッションの役割を果たしていたものが果たせなくなり、稚体の間隔が狭くなって脊柱が周りの神経、または神経根を刺激して激しい痛みを生じさせます。この状態になると稚骨が脊柱を支えるために骨棘を作り出しますが、逆にこの骨棘自体が周囲の神経を刺激して痛みを出してしまう場合も出てきます。
  
また血行不良も腰痛の大きな原因で、体の冷え、精神的ストレス、目の疲れ、体型、同じ姿勢をとり続けるなどの生活習慣が原因となります。

変形性腰椎症の治療法

変形性腰椎症の予防としては、腰痛が出る姿勢や動作をせず、腰を労わることが重要です。腰に負担をかけない動き方を日常生活で心がけるのが一番の予防です。逆に安静にしすぎるのも腰痛を悪化させてしまうので、適度な運動を心がけると良いです。
  
変形性腰椎症の治療方法は主に対処療法で、痛みを鎮めたり、筋肉のこりをほぐす薬物療法や、特に痛みの強い場合は神経ブロック注射、筋力をつけるための体操療法、コルセットなどで腰の負担を和らげる装具療法、神経の圧迫を和らげる牽引療法、腰を温める温熱療法やマッサージ、電気療法などがあります。
  • このコーナーは、病気や症状に関する知識を得るためのものであり、特定の治療法、専門家の見解を推奨したり、商品や成分の効果・効能を保証するものではありません
  • 専門家の皆様へ。病気や症状の説明について間違いや誤解を招く表現がございましたら、こちらよりご連絡ください