骨端症こったんしょう

カテゴリ
運動器系の病気
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

医師監修

骨端症とは

骨端症は、成長期にみられる成長軟骨の異常です。骨の先端部分にある成長軟骨に、血流障害が発生し、壊死が起こっている病態を言います。成長期は組織修復力が高く、ある程度まで症状が進むと好転し治癒に至りますが、症状の悪化が進んだ場合は後遺症をもたらす場合もあります。

骨端症の症状

骨端症は、発症すると、骨端の成長軟骨の壊死により、炎症が起きて痛みが生じたり、関節の動きが制限されたりします。
  
また、年齢により発症する部位に、ある程度傾向もみられます。小学生の低学年から高学年にかけてはかかとに、高学年から中学生にかけては膝に、それ以上の年齢になると腰に症状が現れる割合が高くなります。
  
パンナー病(上腕)、ペルテス病(大腿骨頭)、ケーラー病(足の甲)などのように骨端症の発生する部位によって、発見者の名前が付けられています。病気の進行は比較的ゆっくりで、年単位で経過が進みます。

骨端症の原因

骨端症の原因は、外傷によるものや、生まれつきのもの、内分泌ホルモン異常によるもの等が挙げられます。特に、スポーツをする子どもに多くみられる傾向があります。腕や足の長管骨は、運動の際に圧迫を受けます。この圧迫に起因する骨端症が、大腿骨頭や足の甲などに発症します。
また、大腿四頭筋や、下腿三頭筋等の大きな筋肉がつながっている部分には、筋肉による牽引に起因する骨端症が起こります。主に膝や、踵などです。
骨端症は、経過を見ながら安静にするなどの対処が主になります。ただし、後遺症をもたらすことが予見される場合には、ギプス装着や、手術などの治療を行うこともあります。

骨端症の治療法

骨端症は、運動のし過ぎによって誘発されます。骨端症を予防するためには、運動量を適度に減らして、オーバーユースを防ぐことや、運動前のストレッチや運動後のクールダウン等を適切に行うことが大事です。
  
運動中に、アイシングなどで時々冷やすことも有効です。同じ運動ばかりを繰り返し行うのではなく、筋肉のバランスを考慮して、時々、普段は使わない筋肉を鍛えることも、骨端症の予防には効果があります。大事なことは、痛みがある時は無理をせずに休養することです。
  • このコンテンツは、病気や症状に関する知識を得るためのものであり、特定の治療法、専門家の見解を推奨したり、商品や成分の効果・効能を保証するものではありません
  • ユーザーの皆様へ:病気や症状について相談したい方は、こちらからご登録をお願いします
  • 専門家の皆様へ:病気や症状の説明について間違いや誤解を招く表現がございましたら、こちらよりご連絡ください