筋強直性ジストロフィーきんきょうちょくせいじすとろふぃー

カテゴリ
運動器系の病気
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

医師監修

筋強直性ジストロフィーとは

筋ジストロフィーは徐々に筋力が低下してくる進行性の筋肉疾患です。筋強直性ジストロフィー(筋緊張性ジストロフィー)は、成人の筋ジストロフィー症では頻度が高い疾患です。筋強直と筋力低下を特徴とし、骨格筋だけでなく、多臓器を侵す全身性の疾患です。

筋強直性ジストロフィーの症状

成人型の筋強直性ジストロフィーは20~30歳代で好発します。筋力低下よりも先に筋強直現象から発症するケースが多く見られます。
  
手がこわばってうまく開けない、口の開閉がスムーズにいかないなどが主な症状です。顔面の筋力低下は高頻度でみられ、表情が乏しく、頬がやつれたような顔になります。瞼が下がり見えにくくなったり、物が飲み込みにくくなることもあります。
  
他に、白内障、耐糖能異常、内分泌異常、心伝導障害などがみられることもあります。軽症の場合、白内障や耐糖能異常のみを示すこともあります。先天型では、新生時期から強い筋強直と筋力低下、中枢神経障害がみられます。

筋強直性ジストロフィーの原因

筋強直性ジストロフィーには、DM1型とDM2型の2つのタイプが存在します。
  
日本ではほとんどがDM1で、19番染色体にあるDMPK(ミオトニンプロテインキナーゼ)遺伝子内のCTGの3塩基反復配列の異常伸長が原因です。反復の数が35回以下は正常、50回以上が異常とされています。
 
一般に、CTGの3塩基反復配列の数が多いほど早期に発症し、重症となる傾向があります。筋強直性ジストロフィーは常染色体優性遺伝の疾患です。親より子、子より孫と、世代を経るにつれ反復配列の数が増加し、症状は重くなります。先天型では数千以上反復がみられます。

筋強直性ジストロフィーの治療法

筋強直性ジストロフィーは、常染色体優性遺伝の疾患のため、予防することはできません。また、現時点で根治的な治療方法も確立されていないため、治療は対症療法が中心となります。
  
筋力低下に対しては足用の装具や車椅子などを使用し、リハビリテーションをおこないます。筋強直が非常に強い場合は、抗てんかん薬などの薬物療法がおこなわれることもあります。また、不整脈や白内障、糖尿病などの合併症には、それぞれに対する治療が必要となります。
  • このコンテンツは、病気や症状に関する知識を得るためのものであり、特定の治療法、専門家の見解を推奨したり、商品や成分の効果・効能を保証するものではありません
  • ユーザーの皆様へ:病気や症状について相談したい方は、こちらからご登録をお願いします
  • 専門家の皆様へ:病気や症状の説明について間違いや誤解を招く表現がございましたら、こちらよりご連絡ください