悪性線維性組織球腫あくせいせんいせいそしききゅうしゅ

カテゴリ
運動器系の病気
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

医師監修

悪性線維性組織球腫とは

悪性線維性組織球腫は、軟部組織腫瘍の一つであり、出現頻度が高く、なおかつ悪性が高い肉腫です。50代以上に多く発病し、成長することにより、他の臓器に転移をするため、治療が難しいとされる原因不明の難病です。

悪性線維性組織球腫の症状

悪性線維性組織球腫は、大腿骨や脛骨、手や足、腹部などの骨盤まわりなどにしこりができ、痛みがない、もしくは少ない、感じにくいという特徴があります。
  
小さなしこりから大きなものや、巨大化したものまでさまざまで、症状を感じないため、入浴の際にしこりを発見し、検査を受けて診断される場合があります。腫瘍が大きくなると、神経を圧迫して痛みがでたり関節が曲がらなくなったりします。
他臓器に転移する確率が高いため、病気が確認された時点で、転移も確認されるケースもあり、注意が必要です。
  
自覚症状を感じにくいがゆえに、体の特に大腿骨や脛骨、手足や腹部にしこりを発見した場合、早期に検査を受ける事が重要です。

悪性線維性組織球腫の原因

悪性線維性組織球腫は、軟部組織に発生する肉腫です。
原因不明の難病であり、原因究明のための研究が続けられています。

他の臓器への転移性が高いため、大きなしこりを発見し、検査を受けた時には病気の判明と共に、転移も発見される場合があります。
  
50代以上に多く発病するという特徴を持っているおり、早期に発見することで、他の臓器への転移を防ぐことができます。現在でも症例を元に原因解明のための研究が進められています。

悪性線維性組織球腫の治療法

悪性線維性組織球腫は、原因不明のため、明確な予防法は確立されていません。そのため、早期発見が大切になります。

  
発生多発部位は、大腿骨や脛骨、そして筋肉と筋肉の間や、皮膚と筋肉の間です。入浴時などに体のチェックを行い、小さなものでもしこりを発見した場合は、病院を受診し検査を受ける事が重要です。

治療は、手術による摘出と、病状などによって化学療法などが行われます。
  • このコンテンツは、病気や症状に関する知識を得るためのものであり、特定の治療法、専門家の見解を推奨したり、商品や成分の効果・効能を保証するものではありません
  • ユーザーの皆様へ:病気や症状について相談したい方は、こちらからご登録をお願いします
  • 専門家の皆様へ:病気や症状の説明について間違いや誤解を招く表現がございましたら、こちらよりご連絡ください