変形性足関節症へんけいせいそくかんせつしょう

カテゴリ
運動器系の病気
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

医師監修

変形性足関節症とは

変形性足関節症は、脛骨、距骨、腓骨の3つの骨で構成され、それぞれをつなぐ軟骨がすり減ってしまうことで、足に痛みや腫れを生じる病気です。関節の隙間が狭くなることによってこすれ、骨の変形や歩行の困難などの症状が見られます。

変形性足関節症の症状

変形性足関節症の症状は、長期間にわたって足に負担がかかったことにより、足関節を支える軟骨がすり減ってしまった事により歩行時に痛みを感じるものです。しかし我慢できる程度の痛みや、安静にしていると痛みが続かないため、放置してしまう場合があり、症状が悪化してしまうことも多いでしょう。
骨の変形や、足首の痛み、腫れ、そして正座ができないなどの症状から、歩行の困難にまで発展し、重症化する場合もあります。運動時や歩行時などに痛みを感じる初期症状から、次第に痛みの程度が少しずつ増大していき、さらに進行してしまうと、軟骨がなくなってしまう場合もあり注意が必要です。

変形性足関節症の原因

変形性足関節症の原因は、加齢が原因による一次性と捻挫や骨折などの外傷などによる二次性が挙げられます。
  
加齢による一次性は、年齢を重ねるごとに骨のゆがみや関節の隙間が狭くなってしまうことにより、少しずつ軟骨がすり減っていってしまいます。外傷による二次性は、事故やケガなどによって足首に外傷を抱えた場合や、関節が炎症を起こしてしまう可能性関節炎などが原因として考えられますが、その他にも関節リウマチなど多岐に渡ります。
  
初期症状である歩きづらさなどの違和感から放置してしまう場合もあり、早期に治療を受けないことにより重症化してしまう場合もあります。

変形性足関節症の治療法

変形性足関節症の予防のためには痛みなどを感じたら、休息をとり、安静にすることが重要です。安静にすることで痛みは軽減されますが、患部にサポーターや湿布などを用い、炎症を抑えてあげることも有効な手段の一つになります。
  
また、痛みを放置したことにより、変形や歩行困難など、日常生活に支障をきたす場合もあるため、注意が必要です。痛みや腫れなどを感じたら、早めに整形外科を受診し、早期に治療を開始することが症状の進行を抑制につながります。
  • このコンテンツは、病気や症状に関する知識を得るためのものであり、特定の治療法、専門家の見解を推奨したり、商品や成分の効果・効能を保証するものではありません
  • ユーザーの皆様へ:病気や症状について相談したい方は、こちらからご登録をお願いします
  • 専門家の皆様へ:病気や症状の説明について間違いや誤解を招く表現がございましたら、こちらよりご連絡ください