腱鞘巨細胞腫けんしょうきょさいぼうしゅ

カテゴリ
運動器系の病気
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

医師監修

腱鞘巨細胞腫とは

腱鞘巨細胞腫とは、手や足の指関節および腱鞘にできる良性腫瘍のことです。他にも、膝や股、肘の関節などで発生することがあります。外傷に続発して発症することはなく、単発性であると考えられています。巨細胞と呼ばれる細胞を含む腫瘍であることが特徴です。

腱鞘巨細胞腫の症状

腱鞘巨細胞腫は30~50代の成人女性に多くみられ、男女の比率は1:2ほどであるとされています。発生する部分で多いのは、手の指です。

腫瘤はゆっくりと大きくなり、大きさが3cmを超えることはあまりありません。数年にわたって、大きさが変わらない場合もあります。痛みを感じない人が多く、腫瘤ができた場所によっては指などの運動障害が生じます。

腫瘤は弾性硬タイプで、中身が詰まった充実型です。エックス線検査で腫瘤を確認することができますが、より詳しい検査はMRIを使います。最終的には、顕微鏡による腫瘍組織検査によって確実な診断がくだされます。

腱鞘巨細胞腫の原因

腱鞘巨細胞腫の腫瘍細胞には染色体異常が見られますが、腫瘤ができる原因は解明されていません。

腫瘤の治療は、手術による完全摘除です。腱鞘巨細胞腫は他の組織と境界線がはっきりしていますが、腱鞘と接して場合は腱鞘に強く付着しています。腱鞘とはトンネル状になった細長い鞘状の部分で、中には腱があり体液でみたされており、関節を曲げる役割を担っています。

腱鞘巨細胞腫が大きくなると、関節の運動障害、骨や靭帯の破壊が起きる場合もあります。腫瘤によっては、手術ですべてを取り除くことが難しくなります。いずれにせよ、腱鞘巨細胞腫が大きくならないうちに手術を行うことが安心です。

腱鞘巨細胞腫の治療法

腱鞘巨細胞腫はまわりに広がりやすいため、手術で切除したとしても再発しやすい腫瘍です。また、完全に腫瘍が取り切れておらず、少しでも細胞が残っていた場合は再発します。局部の再発率は10~20%です。

腫瘤が大きくなればなるほど、手術での完全摘除は難しくなります。再発を防ぐためには、腱鞘巨細胞腫が小さいうちに手術を行うことが大切です。気になるしこりが見つかったら、すぐに医師の診断を受けることでスムーズな治療につながります。
  • このコンテンツは、病気や症状に関する知識を得るためのものであり、特定の治療法、専門家の見解を推奨したり、商品や成分の効果・効能を保証するものではありません
  • ユーザーの皆様へ:病気や症状について相談したい方は、こちらからご登録をお願いします
  • 専門家の皆様へ:病気や症状の説明について間違いや誤解を招く表現がございましたら、こちらよりご連絡ください