医師監修

ギラン・バレー症候群とは

ギラン・バレー症候群は、厚生労働省による特定疾患に指定されている難病です。感染症が誘因となり神経が障害されることが多いです。
発症すると、手足に力が入らなくなる特長があります。急性や多発性の場合が多く、重篤になると呼吸不全を引き起こす怖い病気です。稀に発症し、年間の発病率は10万人に1人から2人です。

ギラン・バレー症候群の症状

ギラン・バレー症候群は、初期では風邪のような症状があります。喉が赤く腫れる扁桃炎や急性結膜炎、急性胃腸炎などの症状が現れるのです。微熱や喉の痛さを伴う場合もあります。発症する人の約3分の2の割合で見られる症状です。
その後、四肢のしびれから始まり1~3週間で、運動神経の障害が現れてきます。下半身に力が入らなくなり、次第に上半身に麻痺症状が広がっていきます。主に、筋肉を動かす運動神経に障害を引き起こす病気です。
症状が進むと、呼吸筋にも障害を起こし、呼吸困難になるケースあります。さらに、顔面神経麻痺などの脳神経症状が見られることも。症状が進行することで、命の危険もある病気なので注意が必要です。

ギラン・バレー症候群の原因

ギラン・バレー症候群の原因との因果関係が分かっているのは以下の5つです。
・サイトメガロウイルス
・EBウイルス
・HIV
・カンピロバクター
・ヘモフィルスインフルエンザ菌
これらを先行感染し、ギラン・バレー症候群を発症するケースが考えられます。
ワクチン接種でも発症する例が報告されています。ギラン・バレー症候群は、人間が本来備えている免疫防御システムの異常により発症すると考えられます。発症後、3週間くらいまでがピークで、その後徐々に回復していきます。
しかし、稀に運動障害などの後遺症をもたらすこともあります。呼吸器障害や自律神経障害などで亡くなる方もいます。

ギラン・バレー症候群の治療法

ギラン・バレー症候群は、はっきりとした原因が解明されていないため、有効的な予防策はありません。
発症後の再発を防ぐためには、専門医の適切な診断と治療が必要です。治療法に関しても研究が進められており、今後の成果が期待されています。
運動神経の障害を、できるだけ和らげるためのリハビリが効果的です。また、血漿交換療法や免疫グロブリン大量療法は、症状の改善に効果を現しています。必要時は人工呼吸器も用います。
症状のピークを越えると、快方に向かうことも多いので、神経内科などの専門医で治療を継続的に行うことが最優先となります。
  • このコーナーは、病気や症状に関する知識を得るためのものであり、特定の治療法、専門家の見解を推奨したり、商品や成分の効果・効能を保証するものではありません
  • 専門家の皆様へ。病気や症状の説明について間違いや誤解を招く表現がございましたら、こちらよりご連絡ください

ギラン・バレー症候群の相談

ギラン・バレー症候群に関するコラム