不随意運動ふずいいうんどう

カテゴリ
神経の病気
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

医師監修

不随意運動とは

不随意運動は、自分が意識していないのにもかかわらず、身体の様々な部位が勝手に反応をしてしまう症状を指しています。パーキンソン病、薬剤副作用、精神的ストレス、てんかんなどが原因となります。
この疾患を治療するためには、様々な診療科の医師が協力して診療にあたり、それぞれの患者の症状に合わせて、効果的なリハビリを取り入れることも有効です。

不随意運動の症状

不随意運動の症状としては、様々なものがありますが、たとえばまぶたや指先などが勝手に動いてしまうことなどが一般的に知られています。
また、程度が重くなってゆくにつれて、日常生活においても差支えがあることが指摘されており、できるだけ対処法を早めに検討することが望まれています。
このような症状を自覚している場合には、重大な疾患が隠れていることがあります。そこで、検査体制が整えられている医療機関を受診することが良いとされています。
特に、問診はもちろんのこと、脳波などの検査を取り入れることによって、症状を改善するための治療法について有意義に検討をすることができるとされ、医療機関の選び方にもこだわることが大切です。

不随意運動の原因

不随意運動の原因としては、脳の機能の異常や薬の副作用などが挙げられますが、根本的なものが分からないことも少なくないとされています。
そこで、もしも気になる症状に長いこと悩まされている場合には、対症療法を積極的に取り入れることが勧められています。
特に、日常生活の間で不随意運動の症状が出やすい場合には、薬などを服用することによって、少しでも悩みを解消することができるといわれています。
ここ数年の間では、不随意運動の原因を特定するために、国内でも有数の大学病院などへ通院をする人の数が増えているといわれています。そのため、多角的な視点から症状の分析を専門医に対して依頼することが大きなテーマとして取り上げられています。

不随意運動の治療法

不随意運動の予防法としては、様々なものが挙げられますが、精神的な面から症状が発現している場合にはストレスなどを溜めこまないことが重要です。
また、てんかんなどの発作に伴って不随意運動が現れることが指摘されているために、医師から処方された薬としっかりと飲み続けることも欠かせません。
ここ最近では、少しでも不随意運動を予防するためのコツについてインターネット上でも様々な情報が取り上げられているために、信頼のできるものをチェックすることが有効です。多くの人々にとって、症状を完全に予防することは難しいと言われています。
将来的には、少しの心がけを意識することによって、様々な悩みの解決につなげることができるとされます。
  • このコーナーは、病気や症状に関する知識を得るためのものであり、特定の治療法、専門家の見解を推奨したり、商品や成分の効果・効能を保証するものではありません
  • 専門家の皆様へ。病気や症状の説明について間違いや誤解を招く表現がございましたら、こちらよりご連絡ください