医師監修

脊髄空洞症とは

脊髄空洞症とは、脊髄の内部に脳脊髄液が溜まって空洞ができるというものです。脊髄内の脳脊髄液は、内部から脊髄を圧迫することになります。
その結果、脊髄内部に存在する神経に対して大きな圧力を加えて、手足の神経系統を中心として痛覚異常や麻痺などの症状を引き起こします。

脊髄空洞症の症状

脊髄空洞症に伴う症状としては、腕や手の痛みや感覚の違和感といったものがあります。またさらに症状が進むと、手足が麻痺したりあるいは筋肉が萎縮するなどの変化が伴うようになります。その後、歩行が困難になり、さらには排便にも支障がきたすようになります。さらに手足以外にも、顔面の感覚障害や食べ物を飲み込みにくくなる嚥下障害が伴ってきます。その結果として、誤飲による肺炎などの重大な病気を引き起こすこともあり得ます。
病状が重体化すると、元の身体状態に回復させることが困難になるため、適切な治療が必要です。脊髄空洞症の症状が見られるようになれば、適切な対処によって病状を緩和させる対策をたてることが必要になってきます。

脊髄空洞症の原因

脊髄空洞症が起きる原因としては、脊髄内に脳脊髄液が溜まった空洞ができ、さらにそれが内部から圧力を生み出して、神経の問題を引き起こします。脊髄に空洞ができる要因としては、脳の奇形や、癒着性のくも膜炎、さらには、脊髄腫瘍や脊髄での出血が要因となって問題が起こることが挙げられます。脳の奇形が原因で脊髄空洞症が引き起こされる場合のメカニズムについては、まだその理由が判明されていません。
こうした各種の脊髄空洞症が起こる要因について、事前に起こることを察知して対処方法を取ることにより、病状を改善させることができます。それぞれの原因にあわせた対処を行う事により、神経の各種症状に対して要因を取り除くことができます。

脊髄空洞症の治療法

脊髄空洞症に罹患することを予防するための対策方法としては、疾患の原因をなるべく避けることが必要です。癒着性のくも膜炎や脊髄腫瘍、さらに脊髄の出血などの原因をなるべく予防することが大切です。さらに速やかに病気の悪化を抑えるべく治療することによって、病状の重体化への予防につなげることができます。
また、病状に併せて対処療法を取ることにより、これ以上の病状の悪化を防ぐことができます。外科的治療で脊髄周辺のスペースを広げることにより、髄液の流れをスムーズにし、結果として症状を改善させることにつなげることが可能です。
  • このコーナーは、病気や症状に関する知識を得るためのものであり、特定の治療法、専門家の見解を推奨したり、商品や成分の効果・効能を保証するものではありません
  • 専門家の皆様へ。病気や症状の説明について間違いや誤解を招く表現がございましたら、こちらよりご連絡ください

脊髄空洞症の相談