圧迫性ニューロパチーあっぱくせいにゅーろぱちー

カテゴリ
神経の病気
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

医師監修

圧迫性ニューロパチーとは

末梢神経に圧力が加わることで1種類の神経が侵されるニューロパチーを圧迫性ニューロパチーと呼びます。神経の病気であり、1本の神経が侵されるため、単ニューロパチーとも呼ばれます。体外からの圧迫が原因のものでは、正座や腕枕を長時間することでしびれる症状が起こります。これは特に問題が無いものですが、数日続くようであれば急性とされることもあり、これはリハビリで数日からひと月程度で改善されます。慢性の圧迫性ニューロパチーは月〜年単位であり、長期的な対応が必要です。

圧迫性ニューロパチーの症状

圧迫性ニューロパチーの症状は急性、慢性、反復性と分かれます。急性の症状は一過性であることも多く、少し放置をする、マッサージをすれば回復するためあまり問題はありません。これは長時間の正座が原因で足がしびれて上手く立ち上がれない、歩けないといった経験があれば、それは足が正座により圧迫されたことから起こった一過性のものです。
急性発症にでよく知られるのは「垂れ手」として知られる指や手首を水平拳上出来なくなるものですが、急性発症ではリハビリもごく短期間で早ければ数日で回復することもあり心配はあまりいりません。
慢性や反復は上半身では肘や手首の麻痺、下半身では足首があげられなくなる「垂れ足」です。動かせなくなる麻痺から、しびれや痛みを感じる場合の症状もあります。

圧迫性ニューロパチーの原因

圧迫性ニューロパチーの症状は急性、慢性、反復性と分かれます。急性の症状は一過性であることも多く、少し放置をする、マッサージをすれば回復するためあまり問題はありません。これは長時間の正座が原因で足がしびれて上手く立ち上がれない、歩けないといった経験があれば、それは足が正座により圧迫されたことから起こった一過性のものです。

急性発症でよく知られるのは「垂れ手」として知られる指や手首を水平拳上出来なくなるものですが、急性発症ではリハビリもごく短期間で早ければ数日で回復することもあり心配はあまりいりません。

慢性や反復は上半身では肘や手首の麻痺、下半身では足首があげられなくなる「垂れ足」です。動かせなくなる麻痺から、しびれや痛みを感じる場合の症状もあります。

圧迫性ニューロパチーの治療法

圧迫性ニューロパチーの予防法は限られており、過度な圧迫や負荷をさけることが重要です。
腫瘍が原因であったり、アルコール中毒や糖尿病で弱った神経に影響することもあるため、その根本的な改善が必要となります。とくに栄養不足といった生活習慣で末梢神経の働きが弱まっていたりすると軽い圧迫でも症状が出ることがあるため、効果のある予防といえます。
ギプスや長期的な寝込みが原因であるとそれを避けにくいこともあります。寝込みの場合は可能であれば多少動くことで圧迫を軽減できるほか、ギプスがきつすぎる、違和感を感じたときは医師に申し出るのが予防につながります。圧迫が原因であるため、体外的な圧迫であれば比較的容易と思われます。痩せ型の人は特に圧迫の影響を受けやすいため、長時間の足組みも控えた方が良いでしょう。
  • このコーナーは、病気や症状に関する知識を得るためのものであり、特定の治療法、専門家の見解を推奨したり、商品や成分の効果・効能を保証するものではありません
  • 専門家の皆様へ。病気や症状の説明について間違いや誤解を招く表現がございましたら、こちらよりご連絡ください