シャルコー・マリー・トゥース病しゃるこー・まりー・とぅーすびょう

カテゴリ
神経の病気
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

医師監修

シャルコー・マリー・トゥース病とは

シャルコー・マリー・トゥース病とは、遺伝子異常による末梢神経の変異によって、体の運動機能などに問題が生じる病気です。手足の筋肉が萎縮したり、あるいは筋力が低下するといった病状が生じます。この病気は、日本人には比較的少なく、欧米を中心として患者が多い傾向にある病気です。

シャルコー・マリー・トゥース病の症状

シャルコー・マリー・トゥース病により起こる症状としては、足の筋肉の萎縮があります。特に大腿部の一部にだけ筋萎縮が生じるため、足の形が通常とは違って見えるようになります。また、足首の筋肉がコントロールできなくなり、下垂の病状を示します。病状が進んでくると、手や前腕の筋肉に萎縮が生じるようになり、また、足先に感覚障害が生じます。
シャルコー・マリー・トゥース病は、体の筋肉を萎縮させたり神経に悪影響を及ぼすものの、一般的には、呼吸筋や心筋には問題が現れないケースが多いです。しかし、病状が重症に陥った場合には、声帯が麻痺したり、嚥下障害が起きる可能性があります。自律神経に障害が表れると、不整脈や呼吸障害、さらに、低血圧といった体の変化が生じます。

シャルコー・マリー・トゥース病の原因

シャルコー・マリー・トゥース病が生じる原因は、遺伝子の異常によるものです。末梢神経の髄鞘の部位を取り囲むタンパク質に異常が生じ、各種の病状を起こします。この病気の中で特に多いのが、小児期から思春期にあたる時期の発病であり、末梢神経の髄鞘に問題が生じて、末梢神経の伝達速度に低下がもたらされます。
このような末梢神経系の病気は、一般的にニューロパチーと分類され、シャルコー・マリー・トゥース病もまた遺伝性のニューロパチーに相当します。研究によって、問題となっている遺伝子が特定されているものもあり、常染色体優性遺伝子が原因である場合や常染色体劣性遺伝子、あるいは、X染色体劣性遺伝子が原因となっている場合があります。

シャルコー・マリー・トゥース病の治療法

シャルコー・マリー・トゥース病に対する予防の方法は、現在のところは今だ確立されていません。この病気は遺伝子の異常が原因となって引き起こされるため、行う事ができる治療の方法は限られています。そのため、患者の体に表れる各種の病状に対して、問題を緩和するためのケアを行う事が方法としてあります。
身体機能を補うためのテーピングを施したり、あるいは運動をサポートする機器を装着することによって、生活の質を高めます。今後、原因となる遺伝子異常への研究が進むに従って、治療のために有効な方法が解明される可能性はあります。
  • このコーナーは、病気や症状に関する知識を得るためのものであり、特定の治療法、専門家の見解を推奨したり、商品や成分の効果・効能を保証するものではありません
  • 専門家の皆様へ。病気や症状の説明について間違いや誤解を招く表現がございましたら、こちらよりご連絡ください