膠原病性ニューロパチーこうげんびょうせいにゅーろぱちー

カテゴリ
神経の病気
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

医師監修

膠原病性ニューロパチーとは

膠原病性ニューロパチーとは、膠原病や類する病気の中で、末梢神経に対して障害を起こしているものです。膠原病は、体内にある膠原繊維に病変が生じる病気です。その病気の一つとして、膠原病性ニューロパチーがあります。場合によっては、ニューロパチー以外の膠原病を併発しているケースもあります。

膠原病性ニューロパチーの症状

膠原病性ニューロパチーによる症状としては、神経組織に炎症による各種の症状が現れるようになります。まずは、神経の部分に強い痛みが生じ、また、灼熱感を感じることもあります。その他には、むくみや温感や冷感を感じるということもあります。

さらに、膠原病性ニューロパチーによって運動線維に変異が生まれることもあります。その結果として、体の筋力が低下したりあるいは萎縮するといった問題が起きます。

さらに、腕や足の運動神経が上手く動作しなくなり、下垂手や下垂足といった身体的特徴が現れてきます。また、こうした膠原病に起因するニューロパチーでは、血管炎による急性のものや、あるいは慢性的に病状が進行していく場合もあります。

膠原病性ニューロパチーの原因

膠原病性ニューロパチーが起きる原因は、人間の体にある膠原線維が変異することにより起こるものです。フィブリノイド変性という異常が膠原線維にもたらされることで、体の異常に至ります。膠原病には、皮膚や関節、動脈への炎症などの症状によって、各種の病気に分類されています。代表的な疾患として、SLE、関節リウマチ、皮膚筋炎などがあります。その中で、末梢神経に異常が生じている場合に、膠原病性ニューロパチーとして分類がされます。
末梢神経に炎症の症状が起きることが問題となって、痛みや灼熱感、さらにはその他の神経的な異常がもたらされます。膠原病は、場合によっては複数の膠原病が併発して起きる場合もあり、このニューロパチーによる問題以外にも体に皮膚や関節などに異常が生じることがあります。

膠原病性ニューロパチーの治療法

膠原病性ニューロパチーへの予防方法としては、まだ確立はされていません。膠原病が引き起こされる原因が特定されていないため、確実な対策方法は不明です。

免疫の異常や体質、遺伝子の問題や、あるいは細菌の感染が問題となっている可能性もあり、原因特定や治療のための研究が現在も行われています。膠原病性ニューロパチーの症状が体に現れた場合には、早期に治療を開始することが必要です。

治療が遅れた場合には、後遺症が残る恐れがあるため、この病気の特定と治療に取り掛かる必要があります。副腎皮質ステロイド薬や免疫抑制薬を投与することが、対策方法としてあります。
  • このコーナーは、病気や症状に関する知識を得るためのものであり、特定の治療法、専門家の見解を推奨したり、商品や成分の効果・効能を保証するものではありません
  • 専門家の皆様へ。病気や症状の説明について間違いや誤解を招く表現がございましたら、こちらよりご連絡ください