医師への相談

倦怠感や不眠などの不調のため血液検査したところ、コルチゾー…

相談者(39歳/男性)

倦怠感や不眠などの不調のため血液検査したところ、コルチゾールの値が1.7と低く副腎機能低下症の疑いと言われました。朝一で空腹時に採血したのですが、医者曰く、コルチゾールというのは朝高く夜低いという日内変動があり、一番高いはずの朝にこの数値はかなり低い、とのこと。実は自分は普段から昼夜逆転の生活を送っており、採血の日も寝ないで朝から病院へ行きました。この場合はコルチゾールの日内変動になにか影響はありますか?普段、昼夜逆転の生活をしている人は朝低く夜高いのが普通などありますか?

医師からの回答

質問を拝見しました。

昼夜逆転の生活を送られているとのことですので、コルチゾールの日内変動に影響を与えている可能性があります。
最も分泌が少ない時間帯(通常は夜間睡眠時)には、ピーク時と比べると約20-30%となることがあります。

医師にその旨を伝え、再検査などご検討をされてはいかがでしょうか。

相談者(39歳/男性)

昼夜逆転の生活、寝ないで採血したことは医師には伝えてあります。
副腎機能低下症ではない可能性があるということですか。検査し直したほうがよいということですか?

医師からの回答

お返事拝見しました。
シフトの関係で回答者が変わります。

主治医に伝えていらっしゃるのであればあとは主治医の指示に従われるといいと思います。

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

関連するコンテンツ

話題のQ&Aランキング

医師に相談する

朝9:00〜夜24:00まで専属医師がスタンバイ中。平均30分で回答が来ます。詳しく見る