医師への相談

一年半程前にL2・3・4を圧迫骨折をして以来、立ったまま靴…

相談者(63歳/女性)

一年半程前にL2・3・4を圧迫骨折をして以来、立ったまま靴下、下着、ズボン類を履く事や、しゃがんで下の物を拾う等の動作が困難になりました。全くできないわけでなく、その動作をすると腰に痛みを覚えます。足の爪を切ったり、靴ひもを結んだりも同様です。つまりは、太腿と胸を近づける動作が困難になりました。立つ歩くは問題なくできます。15軒以上の整形外科、脊髄脊椎専門医に診て頂きましたが、X線、CT,MRIの画像でも骨や神経に異常無しとの所見で、原因が特定できないので、行き当たりばったりのリハビリばかりで、改善が見られません(各病院のリハビリが様々なのです。)正座はできますが、体操座りができません。正座は胸と大腿を近づける必要がなく、体操座りは胸と大腿を近づけなければいけないからです。下の物を拾う時も大腿と胸を近づけますからね。ネットで調べますと、腸腰筋、大腰筋、腹筋・・・が云々と書いているサイトもありますが、整形外科医はそのような事は言及致しません。整体や整骨院に行くのも躊躇致します。でも、骨や神経に異常がなければ筋肉の問題なのかなあとも思います。また、自分自身、上記の動作をする際、何かその動作を邪魔されている、何か詰まっている感覚があります。腰単体を曲げる事も出来ますし、足単体を挙げる事もできるのですが、腰曲げと足挙げを同時に行う事、大腿と胸を近づける動作をすると、腰と足の間に何か挟まっている詰まっている感じで違和感や痛みを覚えます。とは言え、日々前述の動作は繰り返しますので、その積り重ねで骨盤回りは常に鈍痛はあります。これ以上どこの病院に行ったら良いのか、いえ、どうしたら良いのかすらわかりません。何卒宜しくお願い申し上げます。

医師からの回答

ご相談ありがとうございます。ご不安なお気持ちお察しします。

現代医学ですべての症状につき合理的な説明がつくわけではなく、むしろ「○○病の典型的な症状です」と言えるような症状はわずかなのかもしれません。医師は、「これは○○手術で明らかに良くなるだろう」というようなはっきりした異常を見つけることはできますが、治療ができない病態については診断もできないことがあると思います。

整体・整骨院などは、技術や方針が様々であり、自分に合った治療者に出会えるかどうかが不透明ですが、病院で症状が解決しない方で、整体・整骨院などで改善を感じている方もおられると思います。

柔道整復師という医療資格を持つ整体師がいる整骨院・接骨院では、健康保険適応で施術が受けられる場合があります。どのような場合に健康保険が適応されるかは細かい規定があり、もし利用を検討されるようなら各施設に一度ご確認いただいたほうが良いかと思います。

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

関連するコンテンツ

話題のQ&Aランキング

医師に相談する

朝9:00〜夜24:00まで専属医師がスタンバイ中。平均30分で回答が来ます。詳しく見る